2007年03月01日

お能・道成寺〜観世能楽堂その2

昨日の続きです。

昨日は「第十四回木月孚行能の会」での大鼓・亀井忠雄氏の魅力をトクとお話しいたしました。

さて、本日は本プログラムのメインイベントであるお能「道成寺」についてです。

3〜4年前に映画「能楽師」でこの「道成寺」という演目の一部を観てからずっと「いつか全部観たい、全て観たい・・」とずっと思っていた。今回ボスに誘っていただきその望みが叶った。

写真などないしお能の説明って難しいのだけど、この道成寺というのは普通の演目と違って特殊な演出のようなものがあるのでとても興味深い。

***あらすじ***(いただいたパンフレットからご紹介)
紀伊国・道成寺では釣鐘が失われてから、長い月日が経ち、今日はその鐘の再興供養の日です。住職は門番に境内には女人禁制であることを言い伝えます。

そこに舞を見せる白拍子が現れ鐘を拝みたいと申し出る。女人禁制と住職に言われていたが、舞をみせることと引き換えに白拍子を境内に入れる。女は喜んで舞を舞うが、周囲の隙を見て「思へばこの鐘恨めしや」と鐘楼に登ると、鐘を落とし、その中に消えてしまう。

門番から事態を知らされた住職は、この鐘にまつわる話をかたります。
「昔、まなごの長者の娘に慕われた山伏が、この寺に逃げ込み、住職達は釣鐘を下ろして山伏をその中に隠した。娘は山伏への執心あまり、大蛇となって川を渡り、追いかけてこの寺へと辿り着き、山伏を隠した鐘に巻き付くと、鐘は溶けて山伏も死んでしまったという」白拍子はその怨霊であろうと、住職達は鐘に向かって祈るうちに、鐘は再び上がり、中からは蛇体となった女の怨念が現れます。蛇体は住職達に襲い掛かりますが、祈祷の法力に負けて、日高川に飛び込むと姿を消すのでした。

****

恐ろしい程一途な女の情念の物語です。

見どころはたくさんある。

1.あの大きな釣鐘は舞台が始まる前に黒子みたいな人たちが舞台装置のように設置しておくのだと思っていた。だが、その釣鐘を数人の狂言(後見)方が運んできて吊り下げるところから始まるのだ。

2.前半の山場である「乱拍子の舞」という小鼓と白拍子の緊張感ある動きの少ない舞。小鼓の気迫のある掛け声と緊張が張り詰めた長い沈黙の間(ま)・・・実はこの静寂の中、私のお腹がグルグル鳴ってホントに困りました(汗)

3.その後一転して、「急ノ舞」にかわる。急にテンポも速くなり静から動へと展開して「鐘入り」鐘に飛び込むという緊張感
(鐘の下に入ると縁に両手を掛け、飛び上がった瞬間に鐘を落とす・・タイミングの妙は鐘後見方の腕の見せ所)

4.シテ方は狭い鐘の中で懸命に着替えているのだ

5.やがて鐘が上がり蛇体に着替えたシテ方が現れる。

6.住職に祈り伏せられるシテの蛇体の哀しみが描かれ、鐘に恨みを残しながら幕に走っていく。

7.最後はまた後見が鐘を下ろし、幕へと引いて一曲の全てが終わる。

至難の技の連続に演劇的な一貫性が求められる難曲中の難曲である。能楽の世界において「道成寺」を披(ひら)くとはじめて一人前の能楽師と認知されるとのことだ。

もう一つ私がドキドキして観ていた箇所がある。狭い鐘の中で懸命な着替えをした後、鐘が上がって蛇体となって現れる際に舞台の正面をきちんと向いているか・・。以前に後ろ向きになってしまう事がたまにあるって聞いていたからだ。でもそんな心配をよそにキッと前を向いて赤頭で現れた。(鐘の中にはどうやらいろいろな秘密があるそうです。)

小道具、舞、小鼓、大鼓のメリハリなど次から次へと見どころがあって誰でも楽しめるお能だと思う。最初から最後まで一時間半ぐらいだったかなー、お腹が空いてグルグル鳴っちゃったけどあっという間だったなぁ〜。

マニアックな題材の稚拙な文を最後までお読みくださいましてありがとうございました。今回のお能のお話しはこれで終わりです。
posted by J子 at 23:35| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ボスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

木月孚行能の会〜観世能楽堂

022407b.jpg


渋谷・松涛にある観世能楽堂、2月24日(土)のこと。

「第14回木月孚行能の会」にボスが誘ってくれた。
この日はキルトの日だったけど、プログラムの内容を聞いたら
絶対観たい!と思って午前中キルトに行き先生に事情を話して
早めに切り上げてすぐに能楽堂に向かいました。

022407.jpg


私にとってこの日の目玉は、

第一に大好きな亀井忠雄氏が出る(家元・観世清和氏の梅で)
第二に今まで映画でしか観たことがなかった「道成寺」がある。

その他にもボスの師匠の関根先生のお仕舞、狂言は楽しい二人大名だ。

私の大好きな人間国宝・亀井忠雄氏は観世清和の舞囃子「梅」
の大鼓として出てきた。
亀井さんが出てくるだけで舞台が威厳がある緊張した気配が漂い、
凛とした立ち振る舞いの美しさ、そして亀井さんが打つ音が能楽堂にしみこんでいく・・。
他の人の音とたしかに違う。・・と最近ははっきり感じる。
もちろん演目によって、張った乾いた音だけではなく
柔らかい音もある。声だってそうだ。録音の針がとんでしまう
ような気迫に満ちた声、そしてボリュームを絞った「ハァッ」と
いう声・・。
そして私がなによりも好きな大鼓を打つ時の姿勢。
品格があるのだ。そして厳しい眼差し・・。

「舞台は命がけなんだ」といつも語る姿がそこにある。

はっきり申し上げて、あまり関心のないシテ方が舞っている
時でも亀井忠雄氏がそこで大鼓を打っているだけで私にとっては
見逃せない舞台となる。大鼓を打つ亀井氏の掛け声を聞いた
瞬間自分の背筋がピーンと張る心地よい緊張が走るのだ・・。

*長くなるので「道成寺」は次回に続く・・・。



posted by J子 at 23:55| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ボスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

雅芸之会とお能〜東京国立博物館

ueno4.jpg

↑ボスの作品

先週の10月も終わりに近い30日、ボスの趣味団体の発表会と
お能の人間国宝観世流シテ方・関根祥六先生ご出演による
「芸三代の継承」能・羽衣の舞台を観に行きました。


uenottl.jpg


最近の暖かいお天気に恵まれ、上野の東京国立博物館構内の風雅な
五つのお茶室を使って、書・茶の湯・香道・陶芸などを学ぶ人達の
作品が展示された。


uenottl1.jpg


当日は月曜日で国立博物館は休館だが同期間に開催されている
古代美術のコレクションとして高い評価の法隆寺宝物館常設展を
特別に開放していただいて7世紀の宝物をゆっくり観覧する
ことが出来てラッキーでした。
 

しかも昼間からオフィスを抜け出しすっかり秋色に染まった
上野公園の茶室や庭園などの空間でそれこそ風雅な一日を楽しんだ。


ではここで「応挙館」という茶室で展示された作品たちを
もう少しご紹介します。 ちなみに一番↑の作品はボスのもの。


ueno2.jpg


ueno4a.jpg


ueno22.jpg


ueno3a.jpg


会のお手伝いで甲斐甲斐しく動き回っているボスとのんびり作品の
写真を撮ったりしてくつろいでいる私♪ ふふ〜ん、普段と逆!
たまにはいいよね〜。。
 

しかもランチは
「le 6eme sens(ル シズィエム サンス ドゥ オエノン)銀座の
ドミニク・コルビシェフのスペシャル点心♪


ランチの模様はこの次に・・
 

posted by J子 at 23:55| 東京 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ボスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

仕舞扇と器〜ボスの作品

先日の線香花火に引き続き風流なものを・・。

これ、ボスからいただいた扇子。

ogi1.jpg


手書きで書いてある文字は、


右から「花好月園」と書いてある。
ネットで調べると中国の有名な曲の名前だが
私がボスから聞いた意味は、

「人生で一番いい時、輝いている時」

その言葉をボスが手書きで書いたものを
京都の老舗で誂えてくれた。


ogi.jpg


お能の扇では観世宗家はじめ各流宗家から
一番の信頼を得ている
京都の「十松屋福井扇舗」のもの

2〜3年前にボスと外出した際、あまりに暑くて
ボスが持っていた扇子をちょいと拝借した。

「今度、特別の扇子をプレゼントするから待ってて」


と言われてから実際に頂くまでかなりの月日が流れ
すっかり忘れていた頃にいただいた。

その時は本当に嬉しかった♪ 

ogi2.jpg


お能のお仕舞の扇という事だけで吃驚なのに
ボスの手書き入りのオリジナルだったので、
本当に感動した・・。

なわけで今だかつて使った事がない。
ボスの手書きでこの世に一つしかないと思うと
なかなか使えない・・。

ボスは使わないと意味がないと言うが・・・。


もう一つ、ボスの手作りのプレゼントをお見せします。

これ、


yakimono.jpg


これはボスが陶芸を習ってから3〜4年経った頃の作品


直径10cmぐらいの器。
今度、個展を開くようなことを話していたので

「以前、わたくしが頂いた作品も出展なさいますか?」

「そうか〜、どんなのだっけ?」

という事で最近しまってあったところから
出したのがこれ。 

なかなか素敵でしょ?
 

色、つや、形・・・趣があるでしょ?
これも私のお気に入りの一つです♪


というわけで、本日はボスのゴルフ以外の
世界(お習字、お能、陶芸)をご紹介いたしました。
posted by J子 at 22:56| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | ボスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

能楽鑑賞 第12回・花祥会

kashoukai.jpg
今週17日(月)海の日に観世能楽堂にお能を観に行った。最後の演目「安宅」の大鼓が亀井忠雄で私が大ファンなのを知っているボスが誘ってくれた。

私のボスはプロ級のゴルフの他に、書道・陶芸なども趣味にしているが数年前からお能を習い始めた。人間国宝・シテ方観世流能楽師の関根祥六先生に教えて頂いている。また、最近では関根先生の薦めで大鼓を習い始め、こちらはやはり人間国宝・安福建雄先生に教えて頂いている。



元々私はお能には全然興味がなかったし、ボスのビデオ撮りで仕方なく能楽堂に足を運んでいたがチンプンカンプンで長時間になると正直つらかった。

そんな時、たまたま見たTV番組のNHKスペシャル「鼓の家」で前述の葛野流宗家預かり能楽界最高峰の囃子方大鼓の「亀井忠雄氏」を知った。

とにかく吃驚した。強い衝撃を受けた! 静かだが激しい気迫だ。「毅然とした声」「奥行きのある音」はもとより私が魅せられたのは、なんといっても大鼓を打つ姿が美しい。打つ右手をまっすぐに張って、大鼓を打つ。そして舞台が終わって立ち上がる時の背中、歩く姿の立ち振る舞い全てが美しいのだ。一時間ぐらいの番組があっという間に感じられ、番組が終わっても立ち上がれないぐらい感動したのだった。

すぐに入手した亀井忠雄聞き書き「能楽囃子方五十年」岩波書店
  ↓
kameitadao.jpg

次の日に出社してすぐにボスにその話をしたところ、「あ、そう。あの番組見たの。どうだった?」と聞かれたので、思った事を全部話した。たぶん凄く興奮していたと思う。それ以来、ボスは亀井忠雄氏が出演する舞台に私を連れて行ってくれるようになった。その度に感動を重ねてきたが、今まで一度も「安宅」を観る事はなかったのだ。

そして今回初めて「安宅・勧進帳」を観る事が出来た。最初から最後まで素晴らしかったが弁慶役のシテ方関根祥人氏が男舞を舞う最後の盛り上がり10分は見事だった。迫力ある関根祥人氏の男舞と一部の乱れもない亀井忠雄氏の大鼓の音と声が続く。もしかしたら私は瞬きを数回しかしなかったかも?!あまりに感動して涙が止まらなかった・・。終わって拍手も鳴り止まない。今まで観たどの舞台よりも見所(観客席)の拍手は多かったと思う。

われに返ってボスと顔を合わせた時、涙に濡れた顔がちょっと恥ずかしかった・・。そして何度もお礼を言った「こんないい舞台にお誘い下さってありがとうございます」と。

posted by J子 at 23:50| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ボスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

試合の応援に行ってきました

今週の月曜日、朝から悪天候の中、試合に出るボスを応援するために埼玉県の高坂カントりークラブに行ってきました。

「関東倶楽部対抗決勝競技」、これは各地の予選を勝ち残ってきた(1チーム6人で構成)53のゴルフ倶楽部が出場して全員のスコアのトータルで競い合う団体戦。

 kga.jpg

さすがに決勝戦。 選手とギャラリー用の駐車場が分かれていてギャラリー用の駐車場はいくつもある。 クリちゃんと私が案内されたのはナント第5駐車場。 倶楽部ハウスは選手と関係者以外立ち入り禁止。 ギャラリーはそれぞれ倶楽部別にテントが用意してあり関係者やキャディさんたち応援団の人たちが詰めていた。なんか小学校の時の区内の小学校の代表選手で戦う連合運動会の雰囲気に似ていた。

コース内に入ると既に何組かスタートしたところで、後の時間帯の人たちが練習グリーンなどで練習していた。

 kga2.jpg

チームはAクラス(年齢が上のメンバー3人)とBクラス(年齢が若いメンバー3人)の6人で構成される。

Aクラスは岩殿コース・6536Yards/Par72
Bクラスは米山コース・6773Yards/Par72

ボスはBクラスだったので距離の長い米山コース。私達は人・人・人であふれているゴルフ場内を急ぎ足で歩き回り、スタート前のボスに会う事が出来た。その間にも前の組が次々とティーグランドに現れスタートしていった。さすがに各地の予選を勝ち抜いてきた倶楽部を代表する選手達、皆びっくりするほど完璧なティーショットを放つ。たくさんのギャラリーが見守る中ボスもナイスショットを放ちスタートしていった。私達は18ホール最後までボスについて回った。

この日は小雨まじりだったにも拘らずグリーンは超速くその上微妙な傾斜にピンがきってあってドライバーの飛距離、アイアンの正確性などプロ並みの選手達も相当手間取っていた。本当に難しいコースで皆スコアが伸び悩んでいて、かなりストレスのたまるラウンドだったのではないかと思う。それが証拠にホールアウトした後それぞれ口にするのは「疲れたー」とか「やっと終わった」だ。

これ以上詳しい事を載せる事が出来ないのでこの辺で試合内容は終わりにしますが、トップアマの素晴らしい技や力を生で見る事が出来て感動したし、ミスショットした時の対処の仕方などに本人の性格が出るなぁ・・なんて思ったりして有意義な一日だった。また、ボスと同じ組のライバルの人たちが好プレイをした時も思わず「ナイスパー♪」などと声かけると真剣な怖い顔が恥ずかしそうな笑顔に変わる(^^♪。そんな瞬間が好きだなぁ。

↓こちらはギャラリーとコース上に咲いていた紫陽花。

 kga3.jpg kga1.jpg


posted by J子 at 01:31| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ボスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

お能

ボスの趣味の一つにお能がある。と言っても鑑賞ではなく自分で謡ってお仕舞をするのだ。今日はボスが習っている先生主催の生徒さんだけの発表会だった。この会は新年、春、秋と年に3回ある。春と秋は渋谷の観世能楽堂でやる。プロと同じ舞台での発表会だ。皆この日も為に稽古に精進してきたのだ。

生徒さんの発表といっても、後ろで謡う地謡や大鼓、笛、小鼓などは先生達やお弟子さんが勢ぞろいである。だから、なおさら緊張するのだろう。 たまに謡の一部を忘れたりお仕舞の手がブルブルに震えっぱなしの人とかいて観てる私達もドキドキしてしまう。でも、そこは素人のご愛嬌として・・。

 kanshoukai3.jpg

 kanshoukai .jpg 

ボスがお能を始めたのは今から4年ぐらい前だったと思うが、あるところで偶然にも今まで聴いた事のない重厚な声が聞こえてきて、その迫力に釘付けになってしまったとの事。「カラオケを歌っている場合じゃない」と思ってしまい、その場で稽古を申し出てしまったとの事。

初めての発表会から今日まで10回以上観てきたが、素人の私から見ても今日のボスは素晴らしかった。思い起こせば初めは謡本を見てのお謡だけ。声もその頃に比べると全然違う。今までも回数を重ねる度に着実に上達しているのがわかった。声は張り上げればいいってものではない。あくまでも品位がなければいけないと先生はおっしゃいます。今日のボスは声に自信がみなぎっていて余裕すら感じた。(偉そうな事を言っちゃってすません・・) 最近はお仕舞だから謡って舞うのだ。今日のお仕舞は本当に迫力もあったし素晴らしかった。写真を載せられないのが残念だ。

先日、載せた「能楽堂のしだれ桜」を撮ってきました。やっぱり全盛期に比べると満開でも半分ぐらいしか花がついていない・・。枝が痛々しい・・。

 kanshoukai2.jpg kanshoukai1.jpg

    
posted by J子 at 21:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ボスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。