2007年03月04日

アルルカン〜下北沢の老舗その2

shimokita12.jpg


下北で一番好きなカフェ・アルルカン(道化師)


shimokita1.jpg


カフェ激戦区の下北で21年間続く貴重なお店。
クッキー、焼き菓子などのギフト用にもなるお菓子から
ケーキやクレープ全て手作りのお店。店内には客席が数席、
コーヒーとケーキでゆったりとくつろぐことがで出来る。
駅前の喧騒から離れているという事もあり、そのせいか
ご年配のお客様が多い。

私がおススメするのは↓こちらのセット


shimokita.jpg


クレープ・オ・フランベバナーヌ
タルトタタンと人気を二分しているホットタイプクレープ
バニラビーンズ入りの甘さ控えめなカスタードと焼きバナナが
中に。風味付けのコアントローがさっぱり感をプラスして
より上品な味に仕上がっている。
コーヒーか紅茶をセットして¥945

shimokita3.jpg


そして↓こちらは私がいつも注文するアップルシュトゥーデル


shimokita2.jpg


お店の得意とするりんごまるまるのタルトタタンは一番人気。
でも私はいつもこれ、アップルシュトゥーデル。
生地を透けて見えるほど薄く延ばしてリンゴを巻いた
オーストリアやドイツのお菓子。
甘さ控えめでリンゴの味そのままに楽しめる。
ホットのケーキにバニラアイスとホイップの組み合わせは最高。
これもお値段はたしかセットで¥945ぐらいだと思う。


昔ながらの喫茶店で決しておしゃれなお店とは言えないけど
駅前の喧騒から離れた場所にあるのでゆっくり寛げるお店です♪
是非足を運んでみて下さいネ♪


  ☆本日のお店 : Arlequin アルルカン
           世田谷区北沢2−5−8
           03−3412−3985
   下北沢駅南口から茶沢通りに出て左折して左側

posted by J子 at 23:55| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

シモキタの老舗・みん亭〜駅前開発に揺れる下北沢から

shimokita10.jpg

下北で麺と言ったら、ここ・「みん亭」です。


今日は、駅前開発計画が昨年秋に正式に決定して
反対派や推進派で揺れる下北沢のこと。
下北は近いのでちょくちょく出かけます。というか
生活必需品などの買い物も住まいのある梅丘より
下北のが多い。


「シモキタでここをしらなかったらモグリ」
と言われるほど有名なお店「みん亭」
下北という場所柄昔から多くの芸能人やアーティストも多く(バイトをしていたミュージシャンもいたそうな)常に家族連れ、サラリーマン、カップル、打ち上げの団体などで賑わっている。

shimokita8.jpg

今時珍しいよね? ↑有名人のサインが貼ってある店。
それも額入りだよ、ふふ(笑)


shimokita9.jpg

メニューも黄ばんでるね。とにかくこのお店古いからね〜。
40年だもん。でも麺の種類の多さは下北一だと思うよ。
場所柄、お芝居のポスターが必ず貼ってあるよ。


でもって冒頭の写真はもやしそば。ここはキムチがのってる
「江戸っ子ラーメン」というのが有名だけど、このモヤシそばも
スープ、麺具のとろみ加減がいい。でも麺は普通かな。ちょっと茹で加減は柔らかめだも?他の店で柔らかい麺だと怒っちゃうけどなぜかこの店では慣らされてしまった気がする。普通のラーメンもいいよ。今流行りの複雑コッテリではなくトリガラベースで醤油。表面に脂があまり浮かんでいないあっさりの東京ラーメン。日本人が好きな味だと思うな♪
モヤシそば・たしか・・¥650

shimokita7.jpg


↑この炒飯がまた美味しいんだなぁ〜。ネギと玉子そして縁が赤いチャーシューが具のシンプルな炒飯。脂っこくなくパラパラ、アツアツで最高です! ・・¥700 半炒飯もあるよ。

shimokita6.jpg


shimokita5.jpg


↑餃子。野菜がたっぷりでぷっくり! あつあつで食べるのが最高!
今日は注文が殺到したのか半分以上炒飯を食べ終わった頃に
出てきたが、スッゴク早く出てくる日もある。
たしか¥450


別にこれと言った特徴もないが、安心して食べられるお店。
麺類以外にも男性サラリーマンが好むような定食も美味しい。
店内は40年の歴史が物語ってお世辞にもキレイとは言えないが
脂ベトベトで座れないという事もなく古いながら掃除は行き届いている。今日のランチタイムはひな祭りのせいか幼稚園児の親子連れが多く2階担当のおばちゃんはてんてこ舞いだったなぁ。

このみん亭も存続が危ぶまれているらしい。世田谷、それも界隈の皆さんはよくご存知の事とは思いますが、昨年決定の駅前開発計画が実現すると環七と同じ幅の大型道路が街を分断するというのだ。小田急線の地下化工事は既に始まっていて小田急線の代々木上原生まれのクリちゃんの話しだとみん亭も立ち退かなければならないかも?との事である。

ここで私は本件について語ろうと思っているわけではなく10数年前から親しんでいる歩いて楽しめる下北が車の街と変わってしまうし、個性的な小さなお店がたくさんあって楽しかったのに高層ビルになってしまえばなんとなく味気ない。
私は当事者ではないので好き勝手なことを言っているが下北に根付いている商店街そして住民たちの思いは実際のことろどうなんだろう・・?
以前から駅前などで活動は見ていたしWEBにも訴えているを知っているが、肝心の商店街の人たちは口を閉ざしている。
反対とも賛成とも何も言わないらしい・・.

ただこれだけは言える。北口商店街で昔から営んでいる主人はみな高齢ということ。お店を存続していこうという気持ちはどうか? きっとモヤモヤはこの辺にあるのだろう・・。

みん亭の話しから開発計画になってしまいましたが、古き良きお店がなくなってしまう・・と思い、古くからある私の好きなお店を
紹介したいと思って今日はa亭をご紹介しました。

   ☆ 本日のお店 : a亭(みんてい)
             世田谷区北沢2−8−8
             本多劇場の裏側あずま通りを
             新宿方向に進んで右側


実はみん亭の後にカフェに行ったのですが、長くなってしまいましたのでここは次回にしますネ!
posted by J子 at 23:55| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

カレーの店「スパイス」〜渋谷区・西原

spice.jpg


今日は満を持して伝えちゃう! 
皆が大好きなカレーのお店です。


毎週金曜日夜11時にフジTVで放映のTOKIOによるメントレG
いう番組があります。

*番組をご存知ない方へ説明:
大好物3品を前にあえて1品選ぶなら
ゲストは今どれを食べたいのか?
TOKIOのメンバーそれぞれが1品ずつ予想。見事当てた
人は料理を食べる事が出来る。ゲストはTOKIOのメンバー
2人以上に当てられたら料理をたべられない、というTOKIO
がやっている人気の番組。私が唯一見るバラエティ番組。


そして今春とうとう日曜夜9時のゴールデンタイムに
進出が決定したらしいです。 おめでとう☆

でもって少し前にマスターから
「今度メントレで紹介される」と聞いていた。
その日が2月23日(金)で、ゲストは映画やドラマで活躍
の俳優の八嶋智人。
彼が選んだ3つのレストランのうちの一つがここ「スパイス」  


spice1.jpg


ここはクリちゃんの地元。
彼が小学生の頃から通い続けているお気に入りのカレーのお店。
幼少の頃から変わらずに続いているお店って嬉しいよね〜。

私は数年前に連れて行ってもらってから美味しくて一気に
ファンに。食べたくなると渋谷からバスを乗ってでも行っちゃう。

spice3.jpg


↑これ「ビーフ&ポーク」¥650
今日はブログにアップする為に八嶋智人が先日番組で
紹介した2種類のカレーを半分づつかけたメニューを
クリちゃんにお願いして注文してもらった。
(ちなみにこれ普通盛りです。大盛りはとにかく凄い!山に
なっている。心して注文して下さいませ〜〜)

spice2.jpg


↑これ「ポーク」のライス少なめ¥570
ライスが少なめのためその分サラダをつけてくださいます。
日によってはオレンジがバナナだったり、楽しみ。
ご飯が少なめでもこの通り!かなりの量です。

ポークとビーフ、そしてチキンと全部作り方が違うためか
それぞれが特徴のある味になっています。ちなみにチキンは
相当辛いらしいです・・。私はまだ挑戦したことはありません。


そして特筆すべきは、ナンと言ってもこのお値段とボリューム!

なかなか渋いヒゲのマスターと気さくな奥さんご夫婦の
お話しも楽しいですよ〜♪ 

是非、一度お試しくださいませ〜〜。

  ☆本日のお店 : カレーの店「スパイス」
           渋谷区西原2−28−2
           
   京王線・幡ヶ谷駅より西原商店街を代々木上原方面に
   向かった右側
   番組で選んだお店のもう一つも西原商店街にあるお店で
   「手打ちそば・濱の」です。









posted by J子 at 23:52| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

ベトナム料理〜コム・フォー下北沢店

compho.jpg


これ、ベトナム料理では定番・「生春巻き」
甘辛挽肉炒めがモチモチとしたライスペーパーに合う
奥に見えるのは「海老せんべい」
さくさくと揚げたてのピリ辛せんべい


ブログアップしながら私は本当に食いしん坊だと思う・・。
インド、ベトナム、シンガポール、タイそしてメキシコなど
香草をふんだんに使ったオリエンタル料理も大好きです♪


そのオリエンタル料理を楽しむなら「コム・フォー」です。
コムは「ご飯」フォーはお米で出来た「麺」


このお店はクリちゃんのワインのお得意さん。
彼が営業で行く時たまに連れて行ってもらってた。
いつかアップしようと思っていたら以前に私が
大好きなブログ「国際結婚日記」さんがアップされていた。
以前クリちゃんからこのお店のシェフはフレンチ出身だと
聞かされ、なるほど・・・と唸るほど美味しい。
昨日の夕方「今日行くよ〜〜」って言われ「行く〜〜〜♪」

でもって、前菜、野菜料理、魚介、肉など考えずに
好きなお料理だけ注文しちゃった。ちなみにくりちゃんが
選んだのはワインと海老せんべいだけ。あとは全部私が
決めました、ふふ。

compho1a.jpg

↑「空芯菜のオイスターソース炒め」

アジア屋台の定番料理!美味しいよね〜、大好き♪
激辛唐辛子が入っているゾ〜〜!


compho2.jpg

「春菊と干し海老のサラダ」
ほろ苦い春菊とたっぷりモヤシのサラダ。
レモングラスの風味がさわやか♪

compho3.jpg

「牡蠣の一口バンセオ」
バンセオとはベトナム風お好み焼き。香草とサラダ添え。


compho4.jpg

↑うふふ、J子スペシャル「香草のみ別盛り」

私は香草がだ〜〜い好き! 全ての料理に入れてもいいくらい。
でもってシェフが別盛りで出して下さいます。


compho8.jpg

↑ 「ボイルシュリンプのサンバルトマト」

サンバルとはインドネシアのチリソースだってー。
今回初めて頂いたお料理。このチリソース激唐だけど吃驚する
ほどサッパリしていて本当に美味しかった。


compho6.jpg

「自家製ハーブソーセージとジャガイモのオーブン焼き」

ソーセージはボリューム満点!
じゃがいもがさつまいものように甘くてホクホク。

あちゃ〜、やっぱり写真がボケでいる・・。
実は↑のボイル海老とソーセージのあたりでデジ一の
バッテリー切れで携帯用のデジカメで撮るハメに・・。
肝心の美味しかった黄色いジャガイモが〜〜。

やっと最後です・・ふぅ〜〜。

compho5.jpg

「ブンサオ 五目炒め太ビーフン」
プリプリ太ビーフンを具沢山にオイスター風味に炒めたもの。
ご飯ものはナシゴレンみたいなご飯、さまざまなフォー、どれも
美味しいけど私はこのビーフンがお気に入り。ランチ時には
利用したことがないけど毎日このビーフンでもいいぐらい好き。

自分でも飽きれるほどよく食べました〜。
帰る時はウエストがはち切れそうだったことは
言うまでもありません・・・はい。

今日はワインのご紹介は致しませんが、
ニュージーランドワインはもちろん
その他ラインナップはバラエティに富んでいます。
下北沢店のほかに赤坂、丸の内、虎ノ門あたりにあるみたいです。

  ☆本日のお店 : Com Pho コム・フォー下北沢店
           世田谷区北沢2−13−4
           第二伊奈ビル1F
           03−5481−0564
             
posted by J子 at 23:55| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

カーヴ・エスコフィエでランチ〜銀座

cave.jpg


昨日は初めての大規模な東京マラソンを興奮冷めぬままお伝え
致しました! あの写真を撮影後は知り合いとランチでした。


以前にご紹介した花粉症に効く「ビアビエンテ」を勧めて
下さったボスの学生時代の友人Y子さんはとても素敵な方で
気がついたらあっという間に時間が過ぎていました。


そんなY子さんとのランチは銀座6丁目にあるフレンチ
「カーヴ・エスコフィエ」でした。1950年創業の
銀座の老舗エスコフィエの姉妹店です。


cave2.jpg

↑これ、私のオードブル・田舎風お肉のパテ
6〜7品目から選ぶ。私はいつも同じ。このお店のパテは本当に
美味しいんだよね〜♪ボリュームもあるよ〜〜。


cave1.jpg

↑こちら、Y子さんのオードブル・帆立と鮪のタルタル、
山葵ソースフレンチトーストと共に


この後、白いんげんのポタージュを出して頂いたんだけど
熱々のうちに・・・と思ったら写真撮るの忘れていた。
それにしても美味しいポタージュだったなぁ。


↓でもって二人ともメインはお魚
鯛のポワレ・バルサミコソース、長野産アスパラ添え
cave3.jpg

メインはお肉かお魚をチョイス。私はオードブルがいつもパテ
なのでメインはお魚にすることが多い。こちらの東シェフの
お魚料理は大好きで支配人が「お魚でしたらJ子さんの好みは
わかっておりますからおまかせを・・」とおっしゃって。
はい、ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになります。


他にパン、デザート、コーヒーがついて¥2650だったかな?

cave4.jpg


カジュアルにもフォーマルにもさまざまな場面で楽しめる
フレンチです。是非、ディナータイムにもお使い頂きたい。
ソムリエでもある支配人のK氏がその日のお食事を最高の
ものに演出してくださいます。お料理に合わせたワインの
チョイスはもちろん、お料理をサーブしながら語って下さる
お話しがまた楽しく気がつくとどのテーブルからも笑顔が
見えます。
銀座で温かいサービスをお求めなら是非おススメです。
支配人のK氏が最高の笑顔でお迎えして下さいますよ♪


  ☆本日のお店 : 銀座カーヴエスコフィエ
           中央区銀座6−7−5 白亜ビル2F
           03−3571−1851
   西五番街を新橋方向に向かってみゆき通りを渡り右側






posted by J子 at 23:27| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

とん太郎〜杉並区西永福

tontaro.jpg


先日、民放の「チューボーですよ」という番組で
西永福の巨匠として「とん太郎」が紹介されたと聞いた。


「あれ?最近ここのランチの写真撮っていたような気が・・」
と早速フラッシュメモリーやらメモリースティックがバサバサと
無造作に入っている袋から探してみたら。。あった!
 

けど・・・。写真は2枚しかない。 
しかもサイバーショットのコンパクトで撮ったヤツ。
う〜ん、仕方ないよな〜、あの店ってデジタル一眼なんて
構えられない雰囲気バリバリだし・・。
そそくさと撮ってデジカメを隠した。(隠す必要もないが)

てなわけで今日ご紹介するのは
2月3日の番組でも取り上げられた「とん太郎」でのランチです。


tontaro1.jpg


とんかつが食べたくなったらいつもここというぐらい、
ここのとんかつは美味しい。
今回はランチの「サービスロース」¥1,050ですが、
通常のロースかつ定食¥1,600に比べて小ぶりだけど
お肉の良さは変わらずサシの入り具合、ジューシーさ、
端から端まできちんと衣がついたロースのお肉が感じられる。


私は昔から「とんかつはロース」って決めている。
ある程度の脂が乗っていないと・・・。
(コレステロールが高いわけだ・汗)

他にはマカロニサラダとキャベツ山盛り、ご飯、お味噌汁におしんこ。
特筆すべきはお味噌汁のおいしさ!どっかの定食やさんみたいに
煮詰まっちゃったようなやっつけ仕事ではなく、いつもきちんと
作っているのだ。すがすがしく美味しい。


メニューは他にハンバーグやエビフライなどもある。
ランチ時にはハンバーグとエビフライ¥1300なんてのもある。
夜は、¥1600〜¥2600ぐらい。
私はまだ一度も挑戦したことはないが「ロース特厚かつ定食」と
いって、暑さが4cm以上で一人前370〜380gのお肉を
使ったものもある。


う〜〜ん、この記事を書きながら
「やっぱり、とんかつは寝る前の夜はやめて
ランチだけにしておこう・・・」と思いました。


 ☆本日のお店 「とん太郎」
  住所 : 杉並区永福3−34−9
  電話 : 03−3324−2977
  アクセス : 京王井の頭線・西永福駅からすぐ
posted by J子 at 23:55| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

ゆずとんが当たる読者投票!

yuzuton.bmp


これ、ゆずとんからし。 通称:ゆずとん。

博多のつなば本舗さんが研究に研究を重ね
世に送り出したどんなお料理にも合う薬味です。
そんなつなば本舗さんより「和食以外に合うレシピを開発して欲しい」と
私のお気に入りのブログ
「O.C.Kitchen」のカリスマ主婦・かんさんの元に
ゆずとんが届いたところからこの企画が始まった。


限定16名のレシピ応募者にゆずとんが送られ、
ゆずとんレシピ開発プロジェクトなるものがスタート。
あれよあれよという間に海外在住の方々をはじめお料理好きな方達の
オリジナルレシピがかんさんのところに集まってきた。
それはそれは凄い勢いだった・・・。
もちろん私はエントリーしていませんが、
ゆずとんは試し済みです、はい。
あらゆる料理に合うことは確認しています。

でもってこの度、今までエントリーされたレシピから、
ゆずとん大賞を選ぶ
読者投票が始まりました。
投票された方から抽選で10名様に
このゆずとんがプレゼントされます。


是非、皆様も↓をクリックして
かんさんのブログの投票フォームから
投票してください。




☆読者投票期間 : 2月1日〜15日まで
posted by J子 at 21:06| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

鳥焼 なか村

nakamura.jpg


今年は5日が仕事はじめ。出勤してすぐに3連休なので
実質、仕事は9日からとなったためワイン営業のクリちゃんは今週いっぱい
新年の挨拶回りに明け暮れていたようだ。


でもって本日金曜日は西葛西地区(東京都江戸川区)だったらしい。
会社に戻ってきた彼は


「今日、終わってから「なか村さん」に行かない?」というので
「うん、行く!」


昼間、挨拶回りに行った際に予約が取れると聞いてきたらしい。
私も「なか村」は大好きなお店なので一つ返事で答えてしまった。
nakamura1.jpg


大理石のカウンター、流れる音楽はジャズ♪ 入り口もおしゃれでしょ。
お店の名前も「焼き鳥」ではなく「鳥焼 なか村」という。


nakamutattl1??〓〓[.jpg


西葛西には焼き鳥やさんがたくさんあるが、「なか村」が一番だと思う。
焼き鳥は塩もタレも全て美味しいが、特にレバーはプリプリで最高!
ヤゲン(軟骨)・砂肝や皮も言うことなし。他にささみの明太子のせとか
わさびのせ、アスパラ巻きやつくねも人気がある。
地酒や焼酎の種類も豊富。 そしてワインはもちろんニュージーランド!


nakamura4.jpg


予約は平日だけ。土日は受け付けていない。17時すぐに行けば
だいたい入れる。外で待たなくていいようにと携帯番号を教えると
席が空くと連絡をくれるシステムになっている。
他店が並んでいたからといって「なか村」に来てもほとんど入れない。


西葛西という場所柄、土・日の混みようは凄い! お客さんの顔ぶれも
カップル、サラリーマン、女性同士、若者、家族連れなどさまざま。
テーブル席は4人がけが2つのみ。カウンターは20人ぐらい座れると
思う。満席のカウンターで注文受けたり、配膳したり一人で頑張って
いた彼女↓(ブログに載せてもいいと承諾してくれた)


nakamura2.jpg


店長の二人の息子さんが中心となって頑張っている。
焼き鳥を焼いてくれる息子さんと、季節にあったフレンチやイタリアンの
一品を作ってくれる息子さんだ。


焼き鳥のお店で本格的なフレンチやイタリアンを出してくれる店って
あまりないもんね〜。今日いただいた「本日のパスタ」も絶品。

nakamura3.jpg


今日は「バジルのトマトソース」だったけど、茹で具合、味ともに
本格的。どっかのパスタなんかとは比べ物にならないかも。
他にカプレーゼや白レバーのパテなんかもあるよ。

遠いので年に3〜4回しか行けないけど、恐るべし〜西葛西・・。


  ☆本日のお店 : 「鳥焼 なか村」
   江戸川区西葛西5−7−11 
   TEL:03−3686−2388
   最寄り駅:東京メトロ・東西線 西葛西駅



posted by J子 at 23:55| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

風林火山と甲州ほうとう

疾(はや)きこと風の如く
徐(しずか)なること林の如く
侵掠(しんりゃく)すること火の如く
動かざること山のごとし


戦国の乱世、最強軍団といわれた甲州武田軍


軍旗は「風林火山」


先週から始まった今年の大河ドラマ。
今回の大河はこの風林火山の軍団の中心、
武田軍の参謀、隻眼の軍師・山本勘助が主役。


勘助役は内野聖陽、あの藤沢周平の代表作「蝉しぐれ」で
文四郎を演じて素晴らしい演技を見せた役者だ。
これからが楽しみな役者の一人。

というわけで今日は大河ドラマをご紹介・・・ではなくて
昨年暮れ近くの晴れた休日にクリちゃんの愛車S204で
ドライブを楽しんだ。この風林火山のロケ地、北杜市の
小作
でまたまた甲州名物・ほうとうを食べてきました〜。

ozaku.jpg


空気が澄んでいるから空が真っ青できれい。


でもってここでいきなり「ほうとう」のカット2連発!


ozaku3.jpg


ozaku2.jpg


甲州ほうとうの定番・かぼちゃほうとうです。
かぼちゃの他、じゃが芋、里芋、白菜、ねぎ、ごぼう、にんじん、
しいたけ等、数多くの野菜類が入り身体にいいに決まってるよね。
美味しくて心も身体もあったまって言う事無しだもんね♪

ozaku1.jpg


ほうとうだけでお腹いっぱいになっちゃうけど、この日は
こんなものも注文。これが美味しかった〜。自家製でプリプリ☆


ozaku5.jpg


↑最近登場していなかったクリちゃんの「S204」。マニュアル車だよ。
東京から渋滞なしでも2時間ぐらいかかるのにクリちゃんは
ピカピカのS204を運転しているだけで満足なのでごきげん♪


私は?といえば、
ほうとうでお腹いっぱい→あったまる→気持ちいい→ZZZ・・・・。

トホホなのだ・・・。クリちゃん、いつもすみません・・。

posted by J子 at 23:55| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

クリスマス・ディナー♪

皆様、ご無沙汰いたしました。
先週はアップどころかネットを開くことも出来ない程の
怒涛の一週間でした・・。あと一週間・・頑張るぞ〜〜〜!

てなわけで昨日の夜は
クリスマスクリスマス・ディナーを楽しみました♪

budoya1.jpg


行ったところは吉祥寺の大好きなお店「ステーキハウス・葡萄屋」

budoya.jpg


X'mas Dinner Courseで、まず2種類のオードブルの盛り合わせから。


budoya2.jpg

・オマール海老のオレンジゼリー寄せ
・フランス産鴨胸肉とフォアグラのソテー、トリュフ入りポルトソーズ

そしてコーンポタージュスープにサラダ

budoya4.jpg


budoya5.jpg budoya3.jpg


メイン、黒毛和牛の炭火焼ステーキ
(フィレ160g、又はサーロイン200gのどちらかを選ぶ)
もちろん私たちは二人ともサーロインでした〜♪

budoya6.jpg


ランチ時にはフィレをいただくが、このお店のお肉はどれも口の中で
とろけるほどに柔らかくてジューシーです!
肉本来の味が楽しめるようシンプルな味付けになっています。


budo_ya_02.jpg

↑赤身とサシのバランスが絶妙な黒毛和牛のサーロインとフィレ


デザート・チョコレートのムースバニラアイス添えとコーヒー

budoya7.jpg


ここはランチ時もとってもお得♪ 
黒毛和牛炭火焼フィレ130g、サラダ、パン、デザート、コーヒーで
¥3,150.− 

てなわけでクリスマスディナーは
銀座、渋谷、新宿、六本木、青山、麻布
ではなく井の頭線の終点・吉祥寺に行ってきました〜。


これ、吉祥寺駅前・・


budoya8.jpg


クリスマスMERRY CHRISTMAS


  ★本日のお店:「ステーキハウス葡萄屋」
   武蔵野市吉祥寺本町2−8−1−2F
   0422−22−0555
   吉祥寺駅北口より徒歩5分
posted by J子 at 22:23| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

ちゃんこ鍋〜Chanko Dining 若

waka1.jpg


東京でこの冬一番と寒さとなった今日は元横綱・花田勝が
プロデユースする「Chanko Dining 若」に行ってきました。

3年前に六本木店をオープン以来、常に予約で一杯と評判の
「ちゃんこ鍋」♪ やっぱり寒くなってから食べたいよね〜!


お店のWEBによると、ちゃんことは「ちゃん」(父)と「こ」(子)に
由来しているとのこと。父と子または師匠と弟子が囲む食事という意味。
座敷席はあえて作らず、全てテーブル席のダイニング空間。
そして最近ありがちなメニューが読めないほどの暗い照明ではなく
とても明るいところが気に入りました〜。


wakattla.jpg


    先付け:湯葉豆腐、茄子と和牛の揚げ浸し
    お造り:まぐろ、かんぱち、イカの三点盛り
    サラダ:たっぷりゴマのサラダ

waka8.jpg


    焼き物:若のつくね焼き
    揚げ物:えびクリームマヨネーズ

このお店で用意されているちゃんこ鍋は、塩、味噌、醤油、辛味の4種。
お店の人の話しによると力士時代に二子山部屋にて花田勝が慣れ親しんだ
味がベースになってここChanko Dining 若の味を作ったのだそう。
相撲部屋ごとにお鍋は少しづつ違うんだって〜。

waka11.jpg


でもって私たちは7人で利用したのでお薦めの塩味ともう一つは
味噌味の二つの味を楽しむことが出来ました。


鶏ガラベースのスープに鶏つくね、鶏もも肉、豚バラ肉の肉類、
お豆腐、そして白菜、水菜、ほうれん草など多くの野菜類や
きのこ類なんでも入っちゃうだもん、栄養のバランスは抜群だよね。


お塩もお味噌も充分に美味しく、ただひたすらにお鍋をたいらげ
続いて塩味にはお雑炊、味噌味にはラーメンをたいらげ、かなり
お腹がいっぱいになった後は杏仁豆腐味のアイスクリームです。


というわけでお鍋が出来上がってからは、最後までただひたすら
食べ続けたのでナンの画像もありません・・・トホホです。


  ☆本日のお店「Chanko Dining 若」渋谷店
   渋谷区道玄坂1−11−3 フォースワンビルB1F
   03−6415−4527






posted by J子 at 23:39| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

晋ちゃん饅頭〜和久傳の西湖まで

最近、戴いたヘンなお菓子から名店の和菓子までご紹介。


shinchan1.jpg


これ何の変哲もない温泉饅頭に似たお饅頭。
草津あたりの本物の温泉饅頭だったら最高に美味しいんだけど・・。


shinchan.jpg


「晋ちゃん饅頭」だって〜。
これを初めて目にしたのは総理になられてすぐの
タイミングだったなぁ〜。すぐこんなの作っちゃう会社って必ずあるよね。
秋のコンペの賞品としてお客様から恵贈されたお品物です。
同じようなキャラクター商品と同様、お味はなんとも・・・です。

次は、先日のご紹介いたしました上野国立博物館での
「雅芸之会」でいただいたランチ。

ueno13.jpg


これ、銀座のフレンチ「ル・シズィエム・サンス」
ドミニク・コルビシェフに特別にお作りいただいたスペシャル弁当。
鮮やかな色合いのラッピングなどは銀座のレストランのカラーみたい。


ueno11.jpg ueno12.jpg


この通り雅芸之会に合わせ和食からお肉やチーズまで。
小さな袋にパンやデザートが入っていた。
野菜もふんだんに使って味付けが少々フレンチっぽくて美味しかった。


パリ「ラ・トゥールダルジャン」の副料理長から
東京店(ニューオータニ東京)のエグゼクティブ・シェフとして
来日。その後は現在の銀座のレストランのシェフとしてご活躍の
ドミニク・コルビシェフが今回の会のために特別に、
しかも初めてお弁当をお作りになられたとの事。
なかなか苦心した感がうかがえました・・。


最後はこれ。京都の名店、創業130余年の「紫野和久傳」の西湖。
ボスの京都出張土産です。


seikoa.jpg


手土産ランキングなどでは必ず上位に選ばれているので有名ですが
やっぱり美味しいし、もらうと嬉しいですよね〜♪


seiko2a.jpg


蓮根の澱粉と和三盆糖、和三盆の糖蜜を合わせて練り上げ、
蒸したお菓子。滑らかな喉越しと自然な甘みは夏にぴったりだが
冬は蒸しても美味しいですよ。
最近では伊勢丹など百貨店でも販売しています。

posted by J子 at 23:50| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ダロワイヨ銀座店のランチ

dalloyau7.jpg


さて、日比谷のワイン祭りの人、人でごった返す会場を
後にした私たちが銀座に向かいグッチオープンの
行列に再び吃驚したところまでは先日お伝えいたしました。


dalloyau9.jpg


ダロワイヨ銀座店がパリ本店と同じ内装になって9月に
リニューアルオープンしたとのことだったので行ってみようと・・。


ランチは4種類用意してあってサラダ、メイン、3種類のパン、
デザート、飲み物がついて1500円〜2000円とリーズナブル。


dalloyau3.jpg


dalloyau4.jpg

↑サラダとパン。パンはもちっとしていて美味しい。


dalloyau5.jpg

↑クリちゃん注文「海の幸のグラタン」海老や帆立貝と
ショートパスタを自家製ベシャメルソースで仕上げたグラタン。
「たしかにこのクリームソースは美味しい」とクリちゃん。


dalloyau6.jpg

↑私が注文の「シェフおすすめのパエリア」赤ピーマンやドライトマト
オリーブや海老などが入ったお馴染みパエリア。
キレイに仕上がりすぎかな?
クリちゃんから「なぜ、フレンチでパエリアを?」
私「だって、シェフのおすすめって書いてあったし
  他のチキンやお魚は今日はあまり・・」と答えた。


dalloyau2.jpg

↑ダロワイヨ発祥のケーキ・オペラにも似た
何層からもなるチョコレートケーキ。濃厚


ゆっくり出来るけど休日だと案内されて着席するまで
時間帯によってはかなり待つことも。
このお値段ならまあまあ納得の銀座ランチかな。


dalloyau8.jpg

こちらはケーキやマカロンが並ぶ。ゆったりしているよ。
写真はないけどこの反対側にはパンが並ぶ。


 ☆本日のお店 : DALLOYAUダロワイヨ銀座店
         東京都中央区銀座2−6−16
         03−3567−1930




posted by J子 at 20:39| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

最近食べたおやつ♪

秋雨前線停滞中、昨日から急激に気温が下がってきました。
新聞の天気予報は全部雨マークだし・・・。
9月って梅雨時より雨量が多いですよね〜。


今年の夏は短かった!


でもって最近オフィスで食べた秋を感じるおやつ。
お客様からのいただきもの♪

これ


hanashirube.jpg


叶匠寿庵「花しるべ」というお菓子。
秋を感じさせる綺麗な彩りで
丹波大納言小豆と栗が上品な甘さ。
同じお店の「あも」というお菓子に似ています。


もう一つはこちら


setogiants1.jpg


岡山県産「瀬戸ジャイアンツ」
仕事を手伝った時にクリちゃんからお礼としていただいたもの。


setogiants.jpg


皮のまま食べられる大粒の種なしぶどうです。

最初の一粒を口に入れた時は皮のままというのが
初めてだったせいか一瞬ですが、青くさい気がしましたが
そのまま二つ、三つと食べていくと皮の存在を何も感じない。
皮が薄く、実が締まっていて皮ごと口に入れると
パリっと心地いい食感と風味が感じられる♪
皮と実が一体化して葡萄本来の香りや甘さをたっぷり味わうことが
出来てとにかく美味しいです。

甘みは強いのですが、
皮に上品な香りがあって後味もさっぱりでした〜。


う〜ん、やみつきになりそう・・。ふぅ〜っ!


posted by J子 at 23:19| 東京 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

秘伝★チンギス・ハンの薬膳鍋

遡ること8月末のゴルフのお仕事に行く日の前日。


親友のH社長(一部上場企業国際部門の社長)と
あるリゾート向け航空のスッチー(今やCAと言うんだよね)と
女性3人で久しぶりに銀座でワイワイやってきました♪

この日はスッチーちゃんがアレンジしてくれて
薬膳鍋の「台湾海鮮」でした。ほとんど日本での
滞在が少ない外資系航空会社のスッチーなのに
H社長と私がゴタゴタしている間に彼女がサクサクっと
決めてくれました。いつもはアレンジ役の私ですが
こういうのって楽チンなんだわん。

でもって食べてきたのはこれ


yakuzen.jpg


今、気がついたけどジンだかウィスキーにミネラルを注ぐ手つきが
なんとも飲兵衛っぽくていいなぁ〜。!!ではなくてお鍋の説明
でしたね。もう少しわかり易い画像はこちら

yakuzen2.jpg


このお鍋は、モンゴルの英雄チンギスハンが考案したと言われている。
60数種もの天然の植物エキスを抽出したスープにさまざまな食材を
入れて煮るだけでタレなどにつけないで食べることが出来るもの。


お鍋が二つに区切られているのは普通味とちょっと辛いスープ。
好きなほうにドンドン食材を入れてドンドン食べる。

食材は豚トロ、海老、貝柱、白身魚、に野菜たくさん・・
見たこともないキノコ類から、椎茸、お豆腐、サツマイモ
冬瓜、あわび茸、キャベツ、チンゲンサイなどなど・・

「天然の成分が体に吸収され、滋養強壮や美容にも効果があり
胃もたれ、胸焼けなどとも無縁の理想の鍋料理。
このスープは秘伝中の秘伝とのこと。」

と、これは日本語が流暢で笑顔がお相撲さんの朝青龍にそっくりな
おじさんが、慌しく食材をお鍋に入れながら説明してくれた(笑)

口当たりが良くいくら食べても飽きない。ヘルシーな食材ばかりで
あっさりしているからバンバン食べられるしホント美味しかった♪
コカレストランのタイすきに似ているがもっとさっぱりしている。

最後はこの薬膳エキスのたっぷり出たスープに
緑色したクロレラ入りヘルシー麺をいれて食べる。

それとデザート、この日はタピオカだったかな。


スッチーちゃんの面白可笑しい仕事上のお話しで盛り上がり
笑いっぱなし、食べっぱなしであっという間に時間が過ぎた。
次の日、私がゴルフで早いのであまり遅くならないうちに
解散させていただきました。

  ★この日のお店:台湾海鮮
          中央区築地1−13−1 ADK松竹スクエア2F
          日比谷線東銀座駅5番出口 徒歩1分
          03−3544−1717
          
posted by J子 at 22:42| 東京 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

久しぶり!トニーローマ♪

さて、熱川フレッシュポークはお預けとなった私たち。


結局、東京に戻ってきた。 私のお腹もこなれてきた。
東名のインターを降りる寸前にどちらかともなく
「やっぱり、肉??」「だよね〜」って事で


焼肉もしゃぶしゃぶもステーキも、ちょっと・・。

でもって閃いたのがスペアリブ♪ 

「じゃ、このまま首都高に乗って渋谷で降りて青山のトニーローマだな」と
くりちゃん。

決まり〜〜。異議なし!ってことで珍しくガラガラの首都高に進み
南青山のトニーローマにたどり着いた。

皆様がよくご存知のトニーローマは
まだ私がサラリーウーマンというより
OLと言ったほうが相応しい若かりし頃から好きで
同僚や友人などと青山や赤坂に通ったのだった。その時は
レギュラーサイズのスペアリブを一人でペロリと
平らげていたのだが、さすがに最近ではハーフがやっと。
ブログに一度もアップしていないという事はここ半年
全然行ってなかったんだ! ちょっと吃驚!

そして通常は特製のオニオンリングとスペアリブにサラダを注文と
決まっているんだけど、この日、私は無性にちゃんとしたハンバーガーが
食べたくて・・(来週末からマウイなのに?とクリちゃん)

でもってこの日注文したのはこれ。
クリちゃんは運転。可哀想にアルコール無し!


tonyroma.jpg


↑大好き♪ カラマリサラダ


tonyroma1.jpg


↑クリちゃん注文のグリルチキンとベビーバックリブ


tonyroma2.jpg


↑私が注文のローマバーガー


やっぱりカラマリサラダは美味しい♪
特製のシーズニングのイカリングと野菜にイタリアンの
ドレッシングをかけて。
リブは相変わらず柔らかくてジューシー。チキンは
クリちゃんにおまかせ。
いつも注文のオニオンリングはハンバーガーの
付け合せにあったので満足。
ハンバーガーはランチでいただくほうが美味しいかも。

これだけでもかなりお腹がいっぱいになりました☆


というわけで熱川のフレッシュポークはマウイから
帰ってから行くことに決まりました〜〜。


  ★この日のお店:トニーローマ青山店
          港区南青山3−1−30エイベックスビルB1
          03−3479−5214
posted by J子 at 22:34| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

一汁一菜

皆様は「めざしの土光さん」て覚えていますか? お若い方はちと厳しいか・・。

その昔、IHI(石川島播磨重工)の経営危機を救い、やはり大手電気メーカー東芝が経営難に陥った時、社長に就任して再建させた。その後は経団連の会長も就任されたりして凄い人なのだが質素な暮らしが有名でNHKか何かに出演した時にめざしと麦ご飯の話しをされた。

そこから「めさしの土光さん」と言われるようになった今は亡き土光敏夫さんのことです。

その土光さんの著書に確かこんなのがあった。

「日新 日日新」日に新た、日々に新た

その本はもう手元にないので内容はほとんど忘れてしまったが、

昨日を悔やむでもなければ、明日を思い煩うこともない。
「今日を精一杯生きよう」

そんな内容だったはず。そこで今日は土光さんの本について・・・ではなく土光さんが信条としていた「一汁一菜」のランチの話し。

ここまでちょっと堅いお話しでしたが、先週の土曜日にデパ地下行って「Dean&Deluca」のレポートをしました。その日のランチは私の友人の中で一番若い高校2年の女の子でした。女子高生にとって太ることはもってのか。
私なんかよりずっと食に関しては真剣です。

そんな彼女と行ったお店は渋谷から原宿に向かう道すがらにある

「Annon Cook」 いわゆるオーガニックカフェ。

出来る限りオーガニックの食材や無・低農薬なものを選んでいるとの事。
「WHOLE FOOD=丸のまま」が基本です。玄米ごはん、全粒粉、皮つきのお野菜など、皮と実すべておいしくいただきます

「身体にも心にもやさしいごはんとお茶のお店です」とショップカード。

てなわけで私たちが注文したのはこれ

annon.jpg


annon1.jpg


annon2.jpg


冷汁と玄米ご飯とさつまいものキンピラ

これだけ。 文字通り「一汁一菜」

いまどきの女子高生、凄いよね〜。ちゃんと体のことを考えているもん。

恐るべし〜〜。ふぅ〜っ!

  ☆本日のお店
   「Annon Cook」
   渋谷区神宮前5−25−1−2F
   03−5467−1600
posted by J子 at 23:55| 東京 ☀| Comment(29) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

インド料理・渋谷ラージパレス

水曜日の今日は本来ならピラテスに行く日〜ぃ。


だけど・・昨日の過酷なボディステップで
頑張りすぎた結果、バリバリの筋肉痛!

その上、ボスからは次から次へと緊急の仕事ばかり〜。


てなことで、残業。ボスが退社して「ほっ!」


つかさずクリちゃんが来て「インド?」
って聞いてきた。ひゃ〜っ、私も最近ムショウに
インド料理が食べたかったので思わず「うん!」

てなわけで、行ってきました。 「ラージパレス渋谷」

銀座の瑛舎夢、六本木ラージマハール、渋谷サムラート
やラージマハール、茅ヶ崎のガーラなどさまざまな
お店に行ったけど味、雰囲気、サービスなど
全ての面でここラージパレス渋谷がお気に入り♪


rajpalace.jpg


まずはクリちゃん、渋くキリンビールを注文


india2.jpg


あとは定番、タンドリーチキン・ミントソースつき

india.jpg


とにかくここのタンドリーチキンは最高!
他のお店と食べ比べた結果ここが一番好き♪

カレーはこれ


india1.jpg


右側のが「Baigan Barata・ベイガンバラタ」
炭火で焼いた米ナスと玉ねぎとトマトを
煮込んだもの

左側のが「Chef's Special Chicken Masala・シェフ特製」
チキンとマッシュルームなどをココナッツや生クリーム、
バターなどで煮込んだ少しピリッとしたカレー

選び抜かれた材料と最高のスパイスで創られるカレー
アツアツのナンでいただく幸せ♪ う〜〜ん、最高!

てなわけでピラテスでスッキリとなるはずが
カロリーオーバーでおなかポンポコリン・・うっ。

    ★本日のお店:ラージパレス渋谷
           渋谷区宇田川町26−11
           白鳥ビル4F
           (センター街入って左側ファーストキッチンの上)
           03−3780−6508
           無休
           ランチあり
posted by J子 at 23:33| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

Dean&Deluca〜渋谷・東京

おめでとう! 早実初制覇!!


TV熱闘甲子園放映まであと一時間。


本当はすぐにアップしようと思って写真の
編集はとっくに終わっていたDean&Deluca・・。


先日の土曜日、またまた私の一番若い友達(高2女子)
からランチのお誘いがあって神宮前のカフェに行った
帰り久々にデパ地下めぐり♪

以前、コトリさんNYC本店のDean&Delucaなど
グルメスーパーの記事をアップされていたので
ちょこっと東京のレポートもお届けしちゃおうかな〜と。

コトリさんみたいに深く詳しく出来ないけど
渋谷店の雰囲気だけでもお伝え出来ればと
取り上げてみました。

ご存知の通り、伊藤忠商事鰍ェ日本における
独占輸入販売権や製造販売権などいくつかの
契約を締結し他2社含む3社共同出資で設立の
「株式会社ディーンアンドデルーカジャパン」

東京にはマーケット形式が品川と渋谷
カフェが丸の内、青山、羽田

そのうち私が行くのは渋谷。東急のれん街の
バスターミナル側のドゥマゴの隣に位置する。


dean&deluca2.jpg


↑こちらは六本木ヒルズ行きのバス停前で
エスプレッソバー。


dean&deluca.jpg dean&deluca1.jpg


お店はこちらのバス停側からも入れて「のれん街」
の中側のデリ売り場につながっている↓

dean&deluca4.jpg dean&deluca7.jpg


dean&deluca5.jpg dean&deluca8.jpg


↑お気に入りの5ビーンズサラダとラザニア


dean&deluca9.jpg


最近デリコーナーも広がって以前より
お客さんが増えているような気がする。平日夜はコトリさんが
おっしゃるように高級グルメ志向のOLが多いかな?
でも土曜日は品のいい初老の紳士とか有閑マダムも多い。

そして今回レポートしててびっくりしたのが
パン、紅茶、コーヒー、ジャムなどの
ベーカリーコーナーにこんなものがあった↓

dean&deluca3.jpg


なんと!「寛文五年堂」のいなにわ手綯うどん。


銀座にはここの直営の店舗がある。
場所柄お値段は少々高めだが
おいしい稲庭うどんがいただける。


これがちょっとびっくりしたなぁ!
寛文五年堂とDean&Deluca
・・なんか結びつかない。

posted by J子 at 22:53| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

海南鶏飯食堂

え〜っ! また食べた話ぃ〜? とか思っていらっしゃいませんか?

ですよね・・・。タイトル見れば、ねぇ〜〜。

でもね、今日は食べる事がメインではありませんよー。

だって相手は女子高生ですから。先日、彼女からメールをもらった。
S.O.Sのサインと感じて今日会ってきた。

もともとは彼女のご両親をよく存じ上げ、彼女が小学生の
低学年から見てきた。高学年になったときは私と二人で
2泊3日で志賀高原にスキーにも行ったことがある。
小さい頃からみょうに私に懐いてくれて、私も彼女の
成長をずっと見守ってきた。

そんな女の子がもう高校2年になっていた。思春期独特の
誰にも言えない悩みなどの相談事を受けるようになって
2人きりで会うようになった。

私「鰻でも食べる?」
彼女「う〜ん、それでもいいけど・・・」
私「他に行きたいところあるの?」
彼女「最近、アンノンカフェや海南(ハイナン)に行ってないので
   ハイナンなんかに行きたいかなぁ」
私「あっ、本当に? 私も行きたかったんだ〜」

てなわけで本日はここ、

海南鶏飯食堂。 ハイナンジーファンショクドウ といいます。

この店の「海南鶏飯」。いわゆるアジアの鶏めしが二人ともお気に入り。

hainan.jpg

↑これ。ゆでた鶏肉を鶏のスープで炊いたジャスミンライスの上にのせ、
チリソース、お醤油(中華食材の濃口)、生姜ダレにつけて食べる。
グリーンのものはパクチーです。

(すみません。携帯で撮った画像なのでボケています・・私、携帯で撮るの下手なんだよね〜・・)

ご飯の上に乗せなくてもOK。私は別々にいただいています。

鶏肉独特の変な匂いもしないし、あっさり。チリソースなどにつけて
パクチーと一緒にいただくとアジアの香りがしてホント美味です♪
そしてこの鶏スープで炊いたジャスミンライスがまた美味しい!
お店のメニューには「上等のタイ米です。言うならばタイ米の魚沼産コシヒカリですネ」と書いてあって・・・ふふふ。お替り自由。
あと写真には写っていませんが、鶏スープがつきます。透き通っていて
上品なお味です。

明日から部活の合宿ということもあり、早めに帰っていきました。
彼女の悩みを一通り聞いた後、それでも学校と部活が最高に楽しいとの
ことだったので少し安心しました。

★今日のお店 海南鶏飯食堂
      港区六本木6−11−16 中銀マンシオン裏手
      03−5474−3200
      第3月曜休み
      場所はちょっとわかりにくいかもしれません。
      十番商店街終点近くの「饂飩のくろさわ」の裏手

posted by J子 at 23:29| 東京 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。