2006年07月26日

アドビセミナー・Flash8

今や、インタラクティブなWEBサイトやインターフェイスの代名詞と言えるFlash。

インターネットでFlashを使っているサイトを開いた時に
「このサイトを見るにはMacromediaのFlash Playerが必要です」
という文言を一度は見かけた事があると思います。

そのMacromediaを今年の4月にAdobeが約34億ドルで買収した。



今回はその買収劇のあとにアドビがFlash Professional 8の販促のため、
この夏の目玉として開催されるイベント
「Flesh 8 Inspiration Scene Summer Jam」第一弾。
そのセミナーに参加してきた。

adobe.jpg


場所は六本木ヒルズアカデミータワー49Fで開催された。
私はかなり前からアドビのユーザーだが、Flashはそんなに興味はなかった。
どちらかというとPublishing系(WEBではなく紙メディア)の仕事が多いからだ。
アドビからこのセミナーのメールが来た時にまず内容より
「ヒルズの49F!」こっちのが魅力的♪と思った。

adobe3.jpg


ヒルズは食事や映画などではよく使うが
まだ高いところには行った事がなかった。
かといって土日にお金を払って展望台に上るのもちょっと・・・。
てなわけで「チャンス!」と不純な気持ちで申し込んだ。


途中のバスの中でデジカメの準備は万全!と一人ほくそ笑みながらウキウキしいた。
ヒルズに着いてアカデミーヒルズの49Fにエレベーターで直行。

「あれっ? 暗い・・。映画館のようだ。 外、見えないの・・・!」

そうなんです。
エレベーターからは係員がバッチリ見張っていて薄暗い通路を
セミナーホールまでまっすぐ行くしかない。
チラッと回りを見渡すがどこにも窓はない・・。

「う〜〜ん、参った!」
ってなわけであきらめてどうせ難しくて聞いてもわからないから
ゆっくりお休みタイムとしよう・・・zzz。


adobe1.jpg


ところが、始まったら面白くて眠くなるどころか目はパッチリ、
身を乗り出して聞き入ってしまった。

今回の「Flash8」は私がいつも使っている
PhotoshopやIllustratorのフィルターや多彩なエフェクトなど
一般的なデザインツールを駆使する事によって今までより簡単に
グラフィック表現が出来るという事がわかった! 
う〜ん、これならいつもやっている事だ!


adobe2.jpg


また解説してくれた3人のトップクリエイターの話しが
興味をそそるものばかりだし、彼らの作品の解説や
Flashから離れてクリエイターとして仕事する際の
一般的な話しも聞けてとても楽しかった。

下記の3人の方です。
サイトを見ていただくと彼らの作品を見る事ができます。

西田 幸司  : アートディレクター/デザイナー
タナカミノル : デザイナー
高木 久之  : ディレクター/デザイナー

*今回はマニアックな記事ですみません・・。興味ないと全然わかりませんよね〜。自己満足の世界です。・・・はい。
posted by J子 at 23:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | @オフィス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜い、時差で一番乗り♪朝からネットで遊んでるプータローは、私しかいない(^^;)?
J子さんの頭の引き出しの中の一つを見せていただいた感じです。
ほんとに、色々とお勉強してらして、すごい〜〜♪
外の景色が見えなかったのは残念でしたね☆展望台料金ぼりすぎ〜〜〜ですよね。
Posted by ゴマ at 2006年07月27日 03:26
ゴマさん、こんにちは〜♪
こんなマニアックな記事なのに、本当にありがとうございます。
勉強!?。いや〜、とんでもないですぅぅ・・ただの遊びですよん。
いまだに好奇心が旺盛なだけです・・トホホ、恥ずかしい(^^ゞ
そうなんですー、せっかく昨日は快晴で絶対いい写真撮ってやるぞーって意気込んで行ったのにぃ〜。
チャンスは昨日一日だけだったのになぁー。本日はまたすぐにでも雨が降ってきそうな湿度の高い
曇り空・・。SFの猛暑は昨日はこちらのラジオでも伝えられていたそうです。
熱中症で倒れる人が続出とか・・。心配ですね・・。
Posted by J子 at 2006年07月27日 10:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。