2006年06月28日

試合の応援に行ってきました

今週の月曜日、朝から悪天候の中、試合に出るボスを応援するために埼玉県の高坂カントりークラブに行ってきました。

「関東倶楽部対抗決勝競技」、これは各地の予選を勝ち残ってきた(1チーム6人で構成)53のゴルフ倶楽部が出場して全員のスコアのトータルで競い合う団体戦。

 kga.jpg

さすがに決勝戦。 選手とギャラリー用の駐車場が分かれていてギャラリー用の駐車場はいくつもある。 クリちゃんと私が案内されたのはナント第5駐車場。 倶楽部ハウスは選手と関係者以外立ち入り禁止。 ギャラリーはそれぞれ倶楽部別にテントが用意してあり関係者やキャディさんたち応援団の人たちが詰めていた。なんか小学校の時の区内の小学校の代表選手で戦う連合運動会の雰囲気に似ていた。

コース内に入ると既に何組かスタートしたところで、後の時間帯の人たちが練習グリーンなどで練習していた。

 kga2.jpg

チームはAクラス(年齢が上のメンバー3人)とBクラス(年齢が若いメンバー3人)の6人で構成される。

Aクラスは岩殿コース・6536Yards/Par72
Bクラスは米山コース・6773Yards/Par72

ボスはBクラスだったので距離の長い米山コース。私達は人・人・人であふれているゴルフ場内を急ぎ足で歩き回り、スタート前のボスに会う事が出来た。その間にも前の組が次々とティーグランドに現れスタートしていった。さすがに各地の予選を勝ち抜いてきた倶楽部を代表する選手達、皆びっくりするほど完璧なティーショットを放つ。たくさんのギャラリーが見守る中ボスもナイスショットを放ちスタートしていった。私達は18ホール最後までボスについて回った。

この日は小雨まじりだったにも拘らずグリーンは超速くその上微妙な傾斜にピンがきってあってドライバーの飛距離、アイアンの正確性などプロ並みの選手達も相当手間取っていた。本当に難しいコースで皆スコアが伸び悩んでいて、かなりストレスのたまるラウンドだったのではないかと思う。それが証拠にホールアウトした後それぞれ口にするのは「疲れたー」とか「やっと終わった」だ。

これ以上詳しい事を載せる事が出来ないのでこの辺で試合内容は終わりにしますが、トップアマの素晴らしい技や力を生で見る事が出来て感動したし、ミスショットした時の対処の仕方などに本人の性格が出るなぁ・・なんて思ったりして有意義な一日だった。また、ボスと同じ組のライバルの人たちが好プレイをした時も思わず「ナイスパー♪」などと声かけると真剣な怖い顔が恥ずかしそうな笑顔に変わる(^^♪。そんな瞬間が好きだなぁ。

↓こちらはギャラリーとコース上に咲いていた紫陽花。

 kga3.jpg kga1.jpg


posted by J子 at 01:31| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ボスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トップアマの試合,素晴らしいでしょうね。
私の家の近くでしたので、知っていれば応援に行って,その雰囲気を体験したかったです。
私も先々週,超ローレベルなテニスの試合に参加しましたが,前夜のオーストラリア戦逆転負けの影響で100分の熱戦も粘り負けしました。
午後には気晴らしに高原ゴルフ楽しんできました。
Posted by Nick at 2006年06月28日 10:34
Nickさん、こんにちは〜。
ありがとうございます。そうなの、ゴルフ場までの道すがらクリちゃんと「ここってNickさんの
ところなんだね〜」って話していたんですよん。声かければ良かったー♪
でも鬱陶しい東京を離れて高原でテニスとゴルフ!いいなぁ〜(^^♪
この日のゴルフ場も小雨まじり、湿度が高くムシムシしてて選手は気の毒でした・・。
Posted by J子 at 2006年06月28日 22:08
すごい〜☆ギャラリーの中での試合、緊張しそうですね。でも、拍手とか出ると、励みになりますね♪
紫陽花、素敵ですね。鬱陶しい梅雨ですが、紫陽花は雨にうたれた色が一番きれいですね☆
お疲れ様でございました〜〜☆
Posted by ゴマ at 2006年06月29日 10:40
ゴマさん、こんにちは〜。
ワインオープナー、凄く簡単そうだし女性に喜ばれそうですね♪
確かに慣れていないとソムリエナイフは危なっかしいし、お店なんかで初心者の人が格闘していると
ドキドキしちゃう時ありますもん(笑)
紫陽花だけは晴れた日が続くと元気なくて気の毒な感じですよね〜。
ホント雨の中で生き生きと輝く花ですー。
Posted by J子 at 2006年06月29日 17:20
数々の大学対抗のゴルフ試合には出場してますが、いまだ慣れない。できることなら遠慮したいくらい。

ミスが個人だけのものならばともかく、チームに影響する団体戦は、一種独特の雰囲気で、それに潰れる方も多いっす。普段の腕前だけの問題でなく、それこそメンタル面が強く求められるんですよねえ。

torayan@小心者
Posted by torayan at 2006年06月30日 13:01
torayanさん、今晩は〜。
コメントありがとうございます♪ その後いかがですか? 試合が続いていたと思いますが
落ち着きましたでしょうか。大学対抗はいかがでしたか? 
torayanさんぐらいお上手でも試合となるとやっぱり緊張するんですネ!このボスの試合でもチョロこそ見かけなかったけどシャンクしたり、バンカーでホームランしたりする人もいましたよー。
ボスの話しでは膝のガクガクがわかるくらい緊張している人もいるそうです。私なんか会社のコンペの
スタートホールでガチガチになっているけど・・。レベル違い過ぎ・・・トホホ。
Posted by J子 at 2006年06月30日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。