2006年04月09日

お能

ボスの趣味の一つにお能がある。と言っても鑑賞ではなく自分で謡ってお仕舞をするのだ。今日はボスが習っている先生主催の生徒さんだけの発表会だった。この会は新年、春、秋と年に3回ある。春と秋は渋谷の観世能楽堂でやる。プロと同じ舞台での発表会だ。皆この日も為に稽古に精進してきたのだ。

生徒さんの発表といっても、後ろで謡う地謡や大鼓、笛、小鼓などは先生達やお弟子さんが勢ぞろいである。だから、なおさら緊張するのだろう。 たまに謡の一部を忘れたりお仕舞の手がブルブルに震えっぱなしの人とかいて観てる私達もドキドキしてしまう。でも、そこは素人のご愛嬌として・・。

 kanshoukai3.jpg

 kanshoukai .jpg 

ボスがお能を始めたのは今から4年ぐらい前だったと思うが、あるところで偶然にも今まで聴いた事のない重厚な声が聞こえてきて、その迫力に釘付けになってしまったとの事。「カラオケを歌っている場合じゃない」と思ってしまい、その場で稽古を申し出てしまったとの事。

初めての発表会から今日まで10回以上観てきたが、素人の私から見ても今日のボスは素晴らしかった。思い起こせば初めは謡本を見てのお謡だけ。声もその頃に比べると全然違う。今までも回数を重ねる度に着実に上達しているのがわかった。声は張り上げればいいってものではない。あくまでも品位がなければいけないと先生はおっしゃいます。今日のボスは声に自信がみなぎっていて余裕すら感じた。(偉そうな事を言っちゃってすません・・) 最近はお仕舞だから謡って舞うのだ。今日のお仕舞は本当に迫力もあったし素晴らしかった。写真を載せられないのが残念だ。

先日、載せた「能楽堂のしだれ桜」を撮ってきました。やっぱり全盛期に比べると満開でも半分ぐらいしか花がついていない・・。枝が痛々しい・・。

 kanshoukai2.jpg kanshoukai1.jpg

    
posted by J子 at 21:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ボスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
J子さんの会社の社長さん、今まで、色々な話を聞きましたが、フットワークが軽い上に、のめり込み、自分のものにするんですね〜。


そのパワー、本当にすごいですね〜。
感心しちゃいます。

しかし、個性の集まった職場、楽しそうですね。
Posted by キヘイ at 2006年04月10日 21:38
キヘイさん、今晩は! ありがとうございます。 

そうでしょ? ボスは何事も極めるまでやります。とにかく極めるまで・・。

以前に社内旅行で海外に行った時にボスと同部屋だったクリちゃんが言ってました。
「XX〜候ぞーーー」みたいな声がしてきてベッドから起きたらボスが謡いのお稽古をしていたそうです。

たしかにパワーというか体力はあるよね〜。私もいつも感心してます。 はい。
Posted by J子 at 2006年04月10日 23:33
J子さん、毎日楽しみしています。

社長さんが能をなさってたとは、オドロキ!です。
前にお話したように、時代劇好きで歌舞伎座に歌舞伎をも行くようなら能も観ることができますか?
一度生で観たいなあ…。

そして社長さんが、気になります。
Posted by 2たる at 2006年04月11日 02:47
2たるちゃん、こんにちは! コメントありがとう。育児の合間にご覧になっていただき感謝です。

もちろん、観ること出来ますよ。 プロの先生方の舞台は有料ですが、
今回のように生徒さんだけの発表会は無料です。でも充分楽しめますよ。
バックの地謡や大鼓や笛などは一流のプロの先生方がバックアップしていますから見ごたえも十分です。

私も最初は無料の発表会ばかりだったのですが、ボスに初めて有料の先生方達の会に連れて行ってもらった時は感動しました。人間国宝の大鼓方・亀井忠雄の立ち振る舞い、背筋がピーンと張って厳粛そのもの。そして梅若六郎の謡いには感激しました。今まで聴いた声とは全然ちがった。素人ながら惚れ惚れしてしまいました。

今度は秋にありますから、よろしければお声をかけますネ。日曜日なので、こたるちゃんはdannaちゃんに預けられますよね(^^♪
Posted by J子 at 2006年04月11日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。