2006年06月29日

顔振峠で手打ち蕎麦

「顔振峠」・・・私は長い間ずっと「こうぶりとうげ」と言い続けてきたが資料によると10年前に地元で親しまれていた「かあぶりとうげ」に統一されたとの事。

義経が逃げる際にこの峠を通った時にあまりに景観が素晴らしいので顔を振り振り歩いたところからこのような名前がついたとの事。

奥武蔵ハイキングコースで埼玉県の飯能市に位置する。今月の雨が上がった休日に行ってきた。目的はハイキング・・・ではなく峠を上りきったところにある茶屋の美味しいお蕎麦!!

車だと国道から林道に入って15分ほど走る。この道は「奥武蔵グリーンライン」として知られている。この日も歩いてハイキングを楽しんでいる人がたくさんいた。顔振峠には茶屋が数軒あるが私達が目指すは「富士見茶屋」。もうひとつの目的はクリちゃんが3ヶ月前に購入の愛車S204が回転数の規制が解除されて全開になったのでちょっと遠いところまで走りに行きたいというので。

 fujimijaya.jpg S204.jpg

「富士見茶屋」では一年中、もり蕎麦のみ。石臼で玄蕎麦(そばの実)を挽き、その日に打ったものを出してくれる。14時過ぎるとほとんどいつも売り切れになるので遅くとも13時までには行くことをお勧めします。

この日も数人のお客さんが待っていて、私達が最後の客となりお蕎麦をいただくまでに1時間ぐらい待ちました。

 fujimijaya4.jpg

お蕎麦と味噌おでん。 素朴な田舎風の手打ち蕎麦で初めて食べたクリちゃんも絶賛。そしてこんにゃくの味噌田楽がまた懐かしい味で嬉しくなっちゃいます。ちょっと量は少ないので男性には物足りないかもしれない。大盛りの設定もあるが在庫に余裕ある早い時間でないと無理そう。

また富士見茶屋からの眺めは素晴らしく関八州が見渡せる。標高500mちょっとだが晴れていれば武甲山から丹沢の山々、そして富士山も望める。
この日は雲が多くこんな感じ↓ この写真、ちょっと気に入ってます♪

 fujimijaya2.jpg

アクセス:

関越自動車道・鶴ヶ島インターを出て秩父方面に走って国道299に入る。ほどなく西武線の東吾野駅が見えてくると右に林道の入り口が見えてくる。(顔振峠と標識あり)その林道を車だと15分ぐらいで富士見茶屋に着く。



 
posted by J子 at 21:46| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

試合の応援に行ってきました

今週の月曜日、朝から悪天候の中、試合に出るボスを応援するために埼玉県の高坂カントりークラブに行ってきました。

「関東倶楽部対抗決勝競技」、これは各地の予選を勝ち残ってきた(1チーム6人で構成)53のゴルフ倶楽部が出場して全員のスコアのトータルで競い合う団体戦。

 kga.jpg

さすがに決勝戦。 選手とギャラリー用の駐車場が分かれていてギャラリー用の駐車場はいくつもある。 クリちゃんと私が案内されたのはナント第5駐車場。 倶楽部ハウスは選手と関係者以外立ち入り禁止。 ギャラリーはそれぞれ倶楽部別にテントが用意してあり関係者やキャディさんたち応援団の人たちが詰めていた。なんか小学校の時の区内の小学校の代表選手で戦う連合運動会の雰囲気に似ていた。

コース内に入ると既に何組かスタートしたところで、後の時間帯の人たちが練習グリーンなどで練習していた。

 kga2.jpg

チームはAクラス(年齢が上のメンバー3人)とBクラス(年齢が若いメンバー3人)の6人で構成される。

Aクラスは岩殿コース・6536Yards/Par72
Bクラスは米山コース・6773Yards/Par72

ボスはBクラスだったので距離の長い米山コース。私達は人・人・人であふれているゴルフ場内を急ぎ足で歩き回り、スタート前のボスに会う事が出来た。その間にも前の組が次々とティーグランドに現れスタートしていった。さすがに各地の予選を勝ち抜いてきた倶楽部を代表する選手達、皆びっくりするほど完璧なティーショットを放つ。たくさんのギャラリーが見守る中ボスもナイスショットを放ちスタートしていった。私達は18ホール最後までボスについて回った。

この日は小雨まじりだったにも拘らずグリーンは超速くその上微妙な傾斜にピンがきってあってドライバーの飛距離、アイアンの正確性などプロ並みの選手達も相当手間取っていた。本当に難しいコースで皆スコアが伸び悩んでいて、かなりストレスのたまるラウンドだったのではないかと思う。それが証拠にホールアウトした後それぞれ口にするのは「疲れたー」とか「やっと終わった」だ。

これ以上詳しい事を載せる事が出来ないのでこの辺で試合内容は終わりにしますが、トップアマの素晴らしい技や力を生で見る事が出来て感動したし、ミスショットした時の対処の仕方などに本人の性格が出るなぁ・・なんて思ったりして有意義な一日だった。また、ボスと同じ組のライバルの人たちが好プレイをした時も思わず「ナイスパー♪」などと声かけると真剣な怖い顔が恥ずかしそうな笑顔に変わる(^^♪。そんな瞬間が好きだなぁ。

↓こちらはギャラリーとコース上に咲いていた紫陽花。

 kga3.jpg kga1.jpg


posted by J子 at 01:31| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ボスのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

梅雨対策と美登利寿司

本来ならば昨日の土曜日はハワイアンキルトの体験教室に参加の予定だった。
・・・が、あいにく朝起きたら「うん?この喉の痛みは・・? 風邪かも?」っていう事でキャンセルさせてもらった。せっかく2たるちゃんに申し込んでもらったのに本当に悪いことをしてしまった。

思い当たる事は「除湿機」だ。 昨年もこの除湿機のかけ過ぎで喉に炎症を起こして風邪ひいてしまったのだ。乾燥し過ぎて喉にきてしまったみたい。

だがこの時期、じめじめ〜〜むしむし〜の梅雨対策として部屋に干した洗濯物のためにも除湿機全開にしていたのだ。

少し前の新聞記事だったかTVの番組だったか忘れてしまったけど、普通の家庭で一回の洗濯物を部屋に干すと3L以上の水分が出るというのだ。

 ひぇーっ!! そんなに! 

 ほおっておくと部屋がカビだらけ・・
 
 ぎぇーっ!! そういえば除湿機についていたな、「除菌イオン」。
 カビ菌をとりこみ活動を抑えるという事らしい。


そこで喉の事もあってずっと使っていなかった除湿機を全開に回し始めた。その上、エアコンをつける。 サッカー観戦などで不規則な生活が続く。疲れがたまり喉にくる。 こんなところ。

だが、早めに気づきうがい薬とのど飴で大事にな至らず今日のところ風邪には至らず大丈夫そうだ。

2たるちゃん、昨日は本当にごめんね〜。おかげさまで大丈夫そうですぅぅ。

でもって今日の午後、近所に買い物に行った。 相変わらず「美登利寿司」には雨の中、傘をさして行列している。 確か今月初めに改装していたのにいつのまにか新装開店されていた。

   ↓改装中(6/10付けの携帯画像)↓本日14:00過ぎ

   midorizushi1.jpg    midorizushi.jpg

私の場合、住所を聞かれて答えると、ほとんどの人が「ミドリズシね〜」と言われる。
そう、私が住んでいるのはあの、あなごのお寿司で有名な「美登利寿司」本店があるところだ。

住んでいるけど、残念ながら一度も行ったことはありません。 なぜかって? うん〜、行列を見ているだけでお腹いっぱい!といったところ(笑)かなー。
posted by J子 at 21:33| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

駐車違反取締り強化に思うこと

仕事に追われる毎日から脱出〜〜。今日はブログをアップするゾーっ!ということで早めの帰宅。

少しびっくり! サッカーのブラジル戦があるからか・・・この時間、電車こんなに混んでいたっけ? でも試合中継は夜中の3時頃だわん。

「は、はーん。 皆、早めに帰って一眠りしてから観戦かな?」なんて考えながらギュー詰めだわ、湿度は高いわで不快指数120%の電車内で酒販新聞を読んでいたところこんな記事が。

「業務用酒販店・酷暑の夏」
ガソリン高騰、駐車違反取締り強化対策、景気回復で配送員人手不足、人件費上昇・・そしてワールドカップも恨めしい・・・


この中で特筆すべきは駐車違反取り締まり。 今月1日からの民間の係員も導入しての駐車違反取締り強化のことは社内でもずっと話題になっていた。
渋谷という強化重点地区に会社はあるし、ワインを卸しているレストランや料飲店なども恵比寿や代官山といった渋谷近辺が多いのである。

今のところ、取り締まりが多そうな方面はなるべく運送会社に委託するようにしたり、社内で人の都合がつけば2人車で行ったりしているが、結局は今まで発生しなかった経費が増えるわけだ。 今後この問題をどう切り抜けていくのか・・。

そして危惧していたことはすぐに・・。駐車料金が跳ね上がっている。宅配便の会社なども二人車のほか、パーキングメーター、契約駐車場などで対処しているし、今までの路上駐車の人たちも駐車場を利用するようになればすぐに足りなくなるのはわかっていたもん。


でも悪いことばかりではない。ボスの運転手さんの話しによると、迷惑駐車が減ってだいぶ運転し易くなったとの事。そして酒販新聞にもある業務用酒販店の人の話しが載っていたが「これまでいいかげんだった空瓶の出し方には協力してもらえるようになった。いい面だと思わないと・・・」って。少しでも駐車時間を減らすようにって事ですよね。

あとは歩道の自転車とバイクかー。これも手強い。台数が半端じゃないもん。渋谷の歩道に止めてある自転車とバイクが一掃されると駅までの歩行がどんなに楽だろうと思うし、時間の短縮にもなるわね。

あれれ!? 一体全体わたしはどっちの味方? 何を言いたいの?

酒販新聞から発展して今日は勝手な事を言ってしまいました・・。

今夜かー、ブラジル戦・・・。まだ、あと5時間もある。きっと夢の中だ・・・。  非国民、トホホ


posted by J子 at 22:43| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

女王のワイン テ・マタ シャルドネ

Te Mata Chardonnay for Queen's Birthday

700kmline.gif

エリザベス女王80歳の誕生日にテ・マタのシャルドネ2004が選ばれました。

先週6月16日(金)に英国エリザベス女王の誕生日を祝してロンドン市長主催の晩餐会が行われました。
BBCテレビのシリーズ番組「Great British Menu」で英国内14人の一流シェフから選ばれたメニューが女王に振舞われた。

その勝利メニューに合うワインとして世界中から選ばれたのは

Starter   : Te Mata Woodthorpe Chardonnay 2004 (New Zealand)
Fish Course : Te Mata Woodthorpe Chardonnay 2004 (New Zealand)
Main Course : Chateau Margaux 1993 (Bordeaux, France)

なんとテ・マタは2つのコースに選ばれた。しかもメインはマルゴー!
以前にも何回か紹介した事があるが、このワインはNZ国内のシャルドネだけではなく世界のシャルドネと比較してもトップクラスの素晴らしいワインだと思います。

 TE MATA WOODTHORPE CHARDONNAY 2004

woodthorpechardonnay.jpg

また、先月16日にロンドンで開催されたInternational Wine Challenge 2006で金賞に輝いている。

iwclogo1.jpg

さすがにニュージーランド最古のワイナリー。評論家のマイケル・クーパー氏が最高の★★★★★をつけ「NZで最高のシャルドネのひとつ」と絶賛。
とてもキレイなワイン。2004年ヴィンテージがもたらした素晴らしい品質を表現。パイナップル、白桃、柑橘類の香りとオークの香りが溶け合って透明感のある優雅なワインに仕上がっています。 
                           小売価格¥3,000

このワインの問い合わせ先・クリちゃんまでWoodthorpeChardonnay04a.pdf  

posted by J子 at 22:42| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | ワイン@クリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

江戸前鮨 竹若 別館 ・ 誕生日会

15日(木)のフレンチ&ワインに引き続き、16日(金)は40sのメンバーKANちゃん経営の「江戸前鮨 竹若 別館」でメンバーの皆が誕生日のお祝いをしてくれました。

このお店は以前にこのブログでもご紹介した「三田竹若」と同じKANちゃん経営のお店で築地本願寺の目の前にある。

 sushitakewaka9.jpg sushitakewaka7.jpg
 
  sushitakewaka.jpg

 sushitakewaka6.jpg sushitakewaka5.jpg

  sushitakewaka8.jpg

   ↑ この日の店長おすすめコースをゆったりと寛げる個室で

40sのメンバーとは野辺山の合宿以来再会。NICKさんだけが仕事で来れなかった。この9月にはメンバー7人でマウイに行く事になっていて、この日はマウイやゴルフの話で閉店時間も忘れ盛り上がってしまった。よく食べ、よく飲み、よく語り、よく笑った。

お酒の写真を撮り忘れてしまったが、お酒は「雪中梅」。ワインはもちろんニュージーランドのテ・マタ コルレイン2002だ。

       sushitakewaka1.jpg  

 TE MATA COLERAINE 2002 CABERNET/MERLOT 2002
   テ・マタ コルレイン カベルネ/メルロー 2002
ご存知テ・マタの最高級ブランドのコルレイン
まず、香りの素晴らしさに感動!濃い紅色でドライ・カレントやスパイス、バラの香り。プラム、チョコレート、キイチゴ、スギ、コーヒーなどの味わい。長くしっかりとしたタンニンを感じるフィニッシュ。

KANちゃん経営の竹若全店でこのコルレインは置いてますので是非お店でお試し下さいませ〜。

そして皆から嬉しいプレゼントやケーキも頂いて本当に感激しました♪
 sushitakewaka2.jpg hana.jpg

↓いただいた花束です。自宅はユリの優雅な香りに包まれ穏やかな休日を過ごしました。
 sushitakewaka12.jpg sushitakewaka10.jpg

  sushitakewaka11.jpg

KANちゃん、閉店時間まで本当にお世話になりました。HIROちゃん、お花ありがとう。また、ちびくろちゃんとH社長、来れなかったNICKさん、プレゼントありがとう。私の好きなものばかりでした。そしてクリちゃん2日間に亘ってのアレンジ、またプレゼントもありがとう。

今週は仕事に追われていたけど最後は皆にお祝いしてもらって感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

 本日のお店 : 江戸前鮨 竹若 別館
       住所: 東京都中央区築地2−14−8
            旧金属ビル1F
       電話: 03−3546−9113
     アクセス: 地下鉄「築地」駅2番出口徒歩30秒!本願寺前 
 
posted by J子 at 02:31| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

SNOWDEN CABERNET SAUVIGNON 2001の凄さ!

お久しぶりですー。

今週に入ってから仕事が立て込んでいて・・ご無沙汰いたしました。
しかも今週は誕生日を迎えたのでした。わわわ〜。嬉しいような悲しいような・・。
でも何歳になっても回りの人達の「おめでとう」やプレゼントは嬉しいよね〜♪皆様ありがとうございました。

でもって、今日(と言ってももう昨日かー)はワインライターの飯山さん、会社のS専務、クリちゃんと私の4人で以前にも紹介した代官山のLA PETITTE CHAISEで試飲も兼ねた食事会をしてきた。

今日は2002年のソーヴィニョンブラン達と久しぶりにナパのSnowdenを飲みたいということでラインナップは次の通り(全て持ち込みなので残念ながらお店のメニューにはございません・・)

 2002sauv..jpg

ニュージーランドのソーヴィニョンブラン2002シリーズ

左から PALLISER (北島・Martinborough)
     WITHER HILLS (南島・Marlborough)
     SACRED HILL (南島・Marlborough)
     SELAKS (南島・Marlborough)

見事にNZのソーヴィニョンブランの代表産地マールボロがそろった。Palliserだけが北島のマーティンボロだ。早飲みタイプのソーヴィニョンブランは現在市場では2004〜2005が主体で出回っているが、ちょっと古いヴィンテージはどうなっているのだろう?という事で今日の試飲会をした。

結果はSACRED HILLがソーヴィニョンブランぽい切れがあって状態はまだまだ充分に楽しめる。
逆にWITHER HILLは香りはないに等しく味わいに青臭い苦味を感じた。
あとの2本はフレッシュさが残っているが、SELAKSに関して言えば若干甘みが残る。PALLISERはいち早くスクリューキャップを取り入れたワインでフレッシュさが残っていた。

お楽しみの赤はニュージーランドとナパのカベルネのブレンドものを。

 snowden.jpg

 左 LOMBARDI CABERNET/MERLOT/FRANC 2000 NZ

 右 SNOWDEN CABERNET SAUVIGNON 2001 NAPA

NZのLOMBARDIはフルーティーだがタンニンが足りない。渋さが欲しい。合わせるならごまダレで冷しゃぶかなぁ。

ナパのSNOWDENはさすがだ! 全員うなってしまった。 全てのバランスが良く別格! バランスの取れた凝縮感 果実味はナチュラルでオークバニラ、プラム、バラや赤い果実の香り。5年の熟成を経てきわめて繊細でエレガントな味わい。 とにかくこの日は全員SNOWDENの魅力を再確認した日だった。

 main.jpg sweet.jpg

メインはラム。これだけのグラスが一人の前に並んだ。
そしてシェフが私の為に誕生日バージョンにデコレーションして下さったデザート。 フランス語でバースデーソングも歌って下さいました。 

今日は完全に仕事がらみと思っていたので何だかとっても嬉しかった〜☆ シェフにマダム、そして飯山さん、S専務、クリちゃん本当にありがとうございました♪
posted by J子 at 01:27| 東京 ☔| Comment(32) | TrackBack(0) | ワイン@クリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

こたるちゃんとご対面♪

昨日、2たるちゃん&Dj Danna夫妻宅に訪問してこたるちゃんと初対面。
ホクレア一家と彼らの友人で私とクリちゃんも一度お会いした事があるアンモさんも合流した。

駅まで2たるちゃんがこたるちゃんをベビーカーに乗せて迎えにきてくれた。ブログで拝見していたがこたるちゃんはお外が大好きらしく梅雨の合間の日差しと爽やかな風を満喫しているかのようにご機嫌でした☆

2たるちゃんと会うのも昨年のワイン会以来。すっかりママぶりが定着していたよん。dannaちゃんが玄関で迎えてくれたお宅はハワイ大好きの2たるちゃんらしくハワイアンなグッズであふれていた♪ 早速気になっていた2たるちゃんのハワイアンキルトの作品を見せてもらった。 とっても趣があって色合いも素敵で上手でした。今度教室を紹介してもらう約束をしちゃった! 今、こたるちゃんのお布団という大作に挑んでいる。出来上がりが楽しみだよね〜。カナハちゃんと私は作品を手に取り何度も感心していました。

<なんと、私はデジ一もサイバーショットも会社に置いてきてしまったのだ、トホホ>

なので画像はないけれど、2たるちゃんのブログでこたるちゃんを抱っこしているくりちゃん載っているから見てみて!!
ホクレア家のアロハちゃんとは今年の1月に会って以来。しかしびっくりした。子供の成長ってスゴいね〜。目を見張るものがあるよね。やっぱり男の子なのかサッカーボールと車に興味があるらしく、クリちゃんともよく遊んでいたっけ。食卓も仕切っていて皆に割り箸を袋から出して配っていた。(なんかキヘイさんとダブるよね)

子育てで毎日大変なのに2たるちゃんは私たちのために「特製・魚と大根のカレー」を数日前から仕込んでくれたんだって。くりちゃんと私はペロリ平らげてしまった。大根が入っているカレーって初めてだったけど、ホント」びっくりするくらい美味しいの♪ 特にインド料理好きのくりちゃんは超〜気に入ってしまったらしくレシピを2たるちゃんに熱心に聞いていたよ。

あとホクレア家からはカナハちゃん特製のピザをいただいた。こちらもびっくりするぐらい美味しくて。働きながら子育てもしてこんなに美味しいピザも作っちゃうなんてカナハちゃんてスーパーワーキングマザーだわ。

クリちゃんが持参したオーストラリア・シラーのスパークリングワインは皆が気に入ってくれたみたい。車で来ていたキヘイさんとカナハちゃんの「今日はどっちが飲む」の掛け合いは可笑しかった・・結局、優しいキヘイさん。カナハちゃんの離乳記念という事でカナハちゃんに飲ませてあげていた。クリちゃんは前の日も飲みすぎているにも関わらずしてこの日も飲むために電車で行ったのでした。

2たるちゃんもカナハちゃんも私よりかなり年下だけど、二人ともしっかりママもやって妻もやって感心してばかりいた私だった・・。

アッ、そうそう2たる夫妻からお祝いのお返しをいただいた。ご丁寧にありがとうございました。
  ↓
 cheesecutter.jpg

セラミック製のチーズカッターボードとナイフです。しかも手書きのアロハなデザインは見ているだけでも癒されます〜〜、大切に使いますね!

posted by J子 at 14:21| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

今夜キックオフだって

デスクでふと目を上げたら今月のカレンダー写真はサッカー選手だった。
そっか〜、今月はワールドカップに合わせてサッカーなんだー。

 calendar1.jpg

  ↑ Shunsuke NakamuraのカレンダーとNZピノのラベルのポスター

この二つが私のデスクの前に貼ってあります。 今までは世界のゴルフ場の写真カレンダー(とっても癒される)だったのですが今年入手できなく仕方なくこのカレンダーをクリちゃんからいただきました。

キャッ!しかも大塚製薬のカレンダーだった。 先日のRidgeのお話し思い出しちゃいますね♪

サッカーには疎くてケーブルTVで試合をやっているみたいだけど全然見ない。ただ最近はワールドカップに出場するので私も少しだけ気になったりして。

先日NHKのドキュメンタリー番組でブラジルのロナウジーニョさんの特集を見て感動してしまった。人間の技ってスゴイ!本当にボールが足にくっついているみたいだった。そしてサッカーはビッグビジネスなんだなぁと感心してしまった。 ブラジルの試合は絶対観戦するぞー! 

あっ、サッカーで忘れるところだった。 18日に神宮球場に交流戦のヤクルトvsロッテを観にいきます。 野球も久しぶり〜☆
posted by J子 at 17:17| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

楽しむ中国茶

コーヒー、紅茶、ハーブティ、そして中国茶。 それぞれがまた種類が豊富で選ぶのに迷っちゃいますよね。
   700kmline.gif
tea.jpg
        ↑
最近ではこんなお茶を飲んでいる

中国のお客様にいただいたもので「千桃茉莉花茶(せんとうじゃすみんちゃ)」
茶葉を一つ一つ集めて丁寧に糸で縛り俵型に形作ったジャスミン茶でお湯を注ぐと束ねられた茶葉がゆっくり開いていき、やがて中から千日紅の赤い花が開いていく。見てるだけでわくわくしちゃいますよ〜♪

どんな様子かというと、

chinesetea.jpg 

chinesetea2.jpg

chinesetea3.jpg

chinesetea5.jpg

こんな感じで踊るように開いていく。味は上質な白茶を使用しているのでジャスミン茶としても上品な香りで淡い甘みのある優雅なお茶。

まず目で楽しむ、そして香りを楽しむ、最後に味を楽しむ。そんなお茶です。

posted by J子 at 22:23| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | リラクゼーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

TWO PADDOCKS THE LAST CHANCE PINOT NOIR

今や、ピノの産地としてすっかり有名になったニュージーランド南島・セントラルオタゴ。南緯45度の最南端で北半球ならボルドーと同緯度。

   nzblock3.jpg nzqueenstown.jpg
      ↑
セントラル・オタゴのピノ・ノワールを世界に広めたFelton Road Block 3の畑 と南島クィーンズタウンのワカティプ湖


   nzrippon.jpg
       ↑
NZピノのパイオニア、Ripponの畑。おそらく世界で一番美しい景観をもつ畑ではないだろうか。
ワナカ湖のまん前にある。(2002年当時こちらでレストランを経営されていたブルーノさんと。)


ピノ・ノワールは冷涼な気候で好天に恵まれ少ない降雨量の土地に適する品種でニュージーランドの場合、北島のマーティンボロと南島のセントラルオタゴが代表産地だ。
私が行った2002年の頃に比べるとブドウ畑もワイナリーも目覚ましい勢いで増えている。これもNZのピノが国際的に認められるようになって海外からの投資が相次ぎ急速に拡大していったということだろう。

            set09_b00.gif

本日ご紹介するのは、ご存知「ジュラシックパーク」で有名な俳優サム・ニール所有のワイナリー・トゥーパドックスのピノ・ノワール。
 
  TWO PADDOCKS THE LAST CHANCE PINOT NOIR 2002
   トゥーパドックス ラスト チャンス ピノ・ノワール 2002

     nztwopaddocks.jpg

ラストチャンスというブドウ畑の名前は、昔ゴールドラッシュの頃に金の採掘師が畑の中央を流れる小川に期待を込めてつけた名前に由来しています。

ブラックチェリー、タイム、リコリス、炭火で焼いたししとう、すみれの花などの香り。そして軽やかな中程度の強さで残る素晴らしい余韻があります。エレガントでさわやかな果実味とアロマ、魅力的な深い味わいのある伝統的なセントラル・オタゴのピノ・ノワールです

小売価格 ¥6,000
  
 
posted by J子 at 15:41| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ワイン@クリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

新しいPCがきたー!

先週の金曜日に会社で使う新しいPCが届いた。昨日、SEのM谷さんが来てくれて社内LANやら他部門とのグループアクセスなど設定してくれた。
そして今日、ADOBEのCreative Suiteやプリンターのドライブなどインストールして使えるようになった。

今回はDELLにした。
今まで通りFujitsuも探したが、私が必要とするSpecを全部網羅するには「帯に短し襷に長し」といった状況でなかなか気に入るものがない。

その前にもちろん新しいOSのVistaが出るまで・・と考えたが、XPの時もそうだったように出始めはいろいろと支障が多いし、仕事で使うならやはりXPのがいいと聞いていたので躊躇はなかった。

今回、私が選んだのはこれ↓
  6400_front_131x145_ss.jpg
  
 DELL Inspiron6400 希望のSpecにカスタマイズしてもらった。
  
  CPU:インテルCore(TM)Duo
  メモリ:1G
  ハード:120G
  ディスプレイ:TFT
  OS:Windows XP Professional SP2
  無線LAN内蔵
  USB:4つ
  MicrosoftのOffice

 
 以上が最低条件でその他は標準装備されているもので対応。

今日の午前中はパフォーマンスや画面のカラー調整、必要なドライブやソフトのインストールなどで終わった。午後から本格的に使っているがキーボードのタッチがいま一つしっくりこないけど、これは使っているうちに慣れるので問題なし。とにかくサクサク動くしパフォーマンスは最高!

G/W前にダウンしたPCは何をしてもダメだった・・。だましながらバックアップ出来るものをUSBメモリーにとりハードの中身を全部消去して修理に出した。診断はメインボード交換だった。修理代は高かったが、かなりお気に入りのPCだったので修理をした。

 fujitsupc.jpg fujitsupc1.jpg

      ↑              ↑
修理から戻ってきた時の梱包    これ!FMV-BibloMG75H 

実はこのPCはまだ購入してから2年しか経っていない。新しいPCに負けないぐらい素晴らしいSpecなのだ。ハードとメモリの容量がちょっと少ないぐらいで、CPUがPentium Mでマルチドライブ搭載、USBなどインターフェイスも充実しているしOSもXP Professionalだ。 自宅で活躍中です。
posted by J子 at 23:50| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | @オフィス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

クリちゃん、優勝おめでとう!!

恒例のボス主催の野辺山合宿でクリちゃんがとうとうやりました!

             golfer

  一日目 82
  二日目 82
 の素晴らしいスコアで総合優勝を飾りましたぴかぴか(新しい)

同じ組で回った師匠のボスも「今回一緒に回ってみて彼のゴルフは明らか変わった。他のみんなとは全然違う。努力の成果が今回のスコアに表れている。毎日の練習の積み重ねです。皆も見習って欲しい」と絶賛のお褒めの言葉をいただいていました。

  nobeyama.jpg

ハンディも合宿メンバーのトップハンディの「8」をいただいて大喜びのクリちゃんでした。
(ヘアスタイルがくりくりで本物のクリちゃんになっている・笑)

この合宿は毎年この時期に長野県の野辺山高原で参加者はボス以下社内のゴルフ部4人と親しい関係者や40sメンバーの10数人で行われる。ボスとプロは技量が違いすぎるので順位に入らない。

二日間の総合成績で争われる。昨年は優勝が2日めの最終ホールで決まる劇的な闘いでした。最終スコアで40sのKANちゃんとクリちゃんが並ぶがH/CでKANちゃんが優勝したのだった。で今年はクリちゃんが優勝。来年の優勝の行方は?

女性も4人参加している。トップのプレイヤーはご存知チビクロちゃん。来年あたりはチビクロちゃんかな〜。

  nobeyama1.jpg
       ↑
ちびくろちゃんの華麗なフォーム。プロゴルファーみたいですよね! アイアン2本で練習しているあたり・・渋い。(練習グリーンの横で)

  今回のコース: シャトレーゼカントリークラブ野辺山
      住所: 長野県南佐久郡川上村御所平1841−5
      電話: 0267−91−1100
      交通: 中央高速道路 須玉インターから30km

二日間とも快晴で八ヶ岳がくっきり見えたのだが、自分のプレーで余裕なく写真を撮ることが出来ずに残念。ちなみに私は両日とも107のスコア、H/Cに恵まれ3位でした。
   
posted by J子 at 15:41| 東京 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | ゴルフコース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

園芸療法のこころ

昨日会った友人は、まだ20代半ば、身長170cmはゆうに超える色白の美人、Asukaちゃんだ。

 −あ〜、良かった! 以前の明るく健康な笑顔のAsukaちゃんだー

ちょうど2年半ぐらい前にわが社の新しい部門立ち上げのスタッフとして入社した彼女とは最初から年の差はあるが妙に気が合った。

お父様がベルギー人、お母様が日本人の彼女は若いながらきちんと自分の意見が言える貴重なスタッフだったけど、出る杭は打たれる状態で直属のボス、また配属された環境に合わず、新しい部門が動き出してまもなく辞めた。

その頃の彼女は生気はなく持ち前の笑顔も消え、見ていてつらかった・・。何度も相談され彼女の思いを聞いた。AsukaちゃんがAsukaちゃんでいられなくなっちゃうなら・・・って言った覚えがある。そのぐらい私も見ていてつらかったのだ。自分を変えてまで、そして体調こわしてまで続ける仕事なんてあり得ないよ!とも言った。

そんな頃、彼女のお母様からお電話をいただいた。一瞬びっくりしたが、私の事はAsukaちゃんから聞いていたらしく何度も何度もお礼をおっしゃってくださった。そして娘を思う母親の気持ちから一般論まで説得力のある話し方で思いを語って下さった。

 そのお母様は日本では数少ない「園芸療法」を専門とされている。
 著書がこれ ↓

     engei.jpg著者:グロッセ世津子・ぶどう社

ベルギー人のご主人とは、ご主人がベルギーの大学で造園を学んでいて最終学年をフランスに留学された時、世津子さんも日本で大学卒業してフランス語を学びたくてフランスに留学されて出会った。


なぜ、世津子さんが園芸療法を実践しようと思ったか? 園芸療法とはなにか? ・・・つづく

この続きはまた今度。

  明日から一泊二日で長野にゴルフ合宿に行くので早めに寝ます。 
 
posted by J子 at 23:19| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

史上最高水準!?

「ひゃ〜、今回のプリムール史上最高かも!!」くりちゃんの悲鳴が聞こえてきました。

Primeur(プリムール)とは樽熟成中のワインを限定先行販売するボルドー独自の販売システムです。

毎年、この時期に注文準備をするのです。

という事で今年注文するのは2005ヴィンテージで、品物が届くのは2008年の夏です。聞くところによると買い付け会社に昨年秋から「2005年はグレートヴィンテージ」との情報が生産者達から入ってきていたそうです。

購入を一手に任されているくりちゃんは、「今回ばかりはボスが買わなくていいと言うかもしれない、そのぐらい値が張るだろう」って言ってました。

ちなみにプリムールにて販売されるアイテムにはどんなものがあるのかというと、

   CH.LAFITE ROTHSCHILD
   CH.MARGAUX
   CH.LATOUR
   CH.MOUTON ROTHSCHILD
   CH.HAUT BRION ROUGE
   CH.HAUT BRION BLANC
   CH.CHEVAL BLANC
   CH.AUSONE
   CH.LA MISSION HAUT BRION
   CH.LA MONDOTTE などなど

まだ他にもありますが、毎年テイスティングコメントやシャトー情報、ヴィンテージ情報を考えてボスと相談して買うアイテムを決めているとの事。

販売を行う会社からまだ詳細は発表されていませんが、もうそろそろ発売日や価格が発表になるはずです。

さて、史上最高水準にて取引されるといわれている2005年ヴィンテージ! どうなるのか!!
posted by J子 at 16:23| 東京 🌁| Comment(18) | TrackBack(1) | ワイン@クリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。